金毛九尾大王

金毛九尾大王

八百八だぬき(漫画)の登場人物。読みは「きんもうきゅうびだいおう」。

登場作品
八百八だぬき(漫画)
正式名称
金毛九尾大王
ふりがな
きんもうきゅうびだいおう
関連商品
Amazon 楽天

概要

稲生平太郎の元に現れた狐の頭領。稲生武太夫の世話になっていたが、武太夫が亡くなってからは狸の勢力が強くなったため、陸中の方へ逃れた。平太郎に稲荷の槌の来歴や、刑部だぬきの正体などを語った。

関連人物・キャラクター

稲生武太夫

稲生平太郎の祖父。稲荷大明神から狸退治の稲荷の槌を授けられ、悪さをする化け狸を退治した。稲荷の槌は稲生家に伝わり、孫の平太郎に受け継がれる。 関連ページ:稲生武太夫

登場作品

八百八だぬき

広島の稲生和助の家に生まれた稲生平太郎は生まれつき力が強く、丈夫な子供だった。ある日、病に倒れた和助は平太郎に稲生家が武士であることを伝え、先祖伝来の槌を渡すと亡くなってしまう。天涯孤独の身となり、武... 関連ページ:八百八だぬき

SHARE
EC
Amazon
logo