関 修一郎

関 修一郎

喧嘩稼業(漫画)の登場人物。読みは「せき しゅういちろう」。佐川睦夫とはライバル関係。

登場作品
喧嘩稼業(漫画)
正式名称
関 修一郎
ふりがな
せき しゅういちろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

オリンピックで4大会連続金メダルを獲得し、国民栄誉賞を受賞した最強の男性柔道家で、階級は無差別級。芝原剛盛や金隆山を柔道技で倒すことを夢見て、陰陽トーナメント出場者となる。1回戦の対戦相手は佐川睦夫。講道館柔道だけでなく高専柔道も極めており、投技だけでなく寝技にも強い。その実力は入江文学をして「フィジカル、技の完成度、センス、どれも自分や佐藤十兵衛よりも上」と言わしめるほど。

と同時に、表の格闘技で戦い続けていたため、「命がけの戦い」に対する認識が甘いとも指摘されている。

関連人物・キャラクター

佐川睦夫

軍隊格闘術の使い手で、傭兵として戦場で戦ってきた男性。陰陽トーナメント出場者の一人。日本拳法家・佐川雅夫の長男であり、父の期待に応えるため稽古に全てを捧げていた。しかし、中学時代に空手の試合で田島彬に... 関連ページ:佐川睦夫

関連キーワード

陰陽トーナメント

『喧嘩稼業』の舞台となる、マカオにて開催の異種格闘大会。田島彬が、ボクシングの世界王者となって手に入れた2億ドルのファイトマネーを使って主催した。ノールールで、16人が参加するワンデイトーナメントの優... 関連ページ:陰陽トーナメント

登場作品

喧嘩稼業

総合格闘家・田島彬がマカオで開催する、さまざまな格闘技の強者16人を集めて行われる異種格闘トーナメント大会・陰陽トーナメント。古武術・富田流を学ぶ佐藤十兵衛は、かつて自分が惨敗を喫した喧嘩屋・工藤優作... 関連ページ:喧嘩稼業

SHARE
EC
Amazon
logo