阿倍野 マリア

阿倍野 マリア

ザ・ワールド・イズ・マイン(漫画)の登場人物。読みは「あべの まりあ」。別称、マリア。

登場作品
ザ・ワールド・イズ・マイン(漫画)
正式名称
阿倍野 マリア
ふりがな
あべの まりあ
別称
マリア
関連商品
Amazon 楽天

概要

秋田県大館市の旅館の娘で、悪いことは悪いと誰にでもはっきりと言う、芯の強い女子高生。モンちゃんトシの犯罪行為が世間に知られていない時点で2人に会っており、自宅の旅館に泊めた。その後、テロリストとして認知されたモンちゃんトシと再会し、トシに脅され同行することを強いられる。

だがその直後にヒグマドンが大館市に襲来。混乱の中モンちゃんトシと逃亡することになる。友人の関谷潤子トシに殺されたことと、モンちゃんに銃を握らされ秋田市内で乱射事件を起こしたことで、精神が崩壊してしまう。

関連人物・キャラクター

関谷潤子

阿倍野マリアの友人。高校の入学式からピンクに染めた髪と鼻ピアスで登校した不良で、週末には売春行為を続けていた。留年後に高校を辞めて東京に出るが、父親不明のまま子供を身ごもり大館市に戻る。マリアに説得さ... 関連ページ:関谷潤子

登場作品

ザ・ワールド・イズ・マイン

消火器爆弾を設置しながら、日本を北上するモンちゃんとトシ。青森県でトシが逮捕され、モンちゃんが警察署を襲撃したことにより、2人は日本を揺るがすテロリストとしてその名を知られることになる。一方、日本の北... 関連ページ:ザ・ワールド・イズ・マイン

SHARE
EC
Amazon
logo