陸奥 冬弥

陸奥 冬弥

修羅の門(漫画)の登場人物。別称、むつ とうや。陸奥九十九とは親族関係にある。

登場作品
修羅の門(漫画)
正式名称
陸奥 冬弥
別称
むつ とうや
関連商品
Amazon 楽天

概要

陸奥九十九の4つ上の兄。陸奥真玄によれば、陸奥圓明流史上でも最高級の才能を持ち、15歳にして全盛期の真玄を超えていたという。だが優しい気性ゆえ継承者に向かないと自覚していた。九十九が15歳の頃、彼の潜在能力を目覚めさせて陸奥の名を継がせるべく、あえて果し合いを仕掛け、命を落とした。

関連人物・キャラクター

陸奥九十九

古武術・陸奥圓明流の40代目継承者。格闘家としては小柄な少年だが、スピード、パワーとも世界最高レベルで、格闘技は打撃・投げ技・関節技でそれぞれの専門家を上回る技量を見せる。普段は捉えどころのないとぼけ... 関連ページ:陸奥九十九

関連キーワード

陸奥圓明流

『修羅の門』に登場する、千年の歴史を持つ古武術の流派。実戦の中で生まれた殺人技術だが、素手の攻撃で武装した強者をも倒すことを目的とする。一子相伝であり、継承者のみが「陸奥」の姓を名乗ることを許される。 関連ページ:陸奥圓明流

登場作品

修羅の門

古武術陸奥圓明流の継承者陸奥九十九は、陸奥圓明流の最強を証明し、かつ自分の代でそれを終わらせるため、実戦空手神武館に挑む。神武館の長・龍造寺徹心により異種格闘技戦のトーナメントが開催され、九十九は様々... 関連ページ:修羅の門

SHARE
EC
Amazon
logo