雨森教授

新竹取物語 1000年女王(漫画)の登場人物。読みは「あまもりきょうじゅ」。雨森始とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
新竹取物語 1000年女王(漫画)
正式名称
雨森教授
ふりがな
あまもりきょうじゅ

総合スレッド

雨森教授(新竹取物語 1000年女王)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

雨森始の叔父。産経大学筑波山天文台の所長で、宇宙学の権威。何でも自分で確かめる行動家。ラーメタルの第一発見者で、その最接近時の災厄を予測し、極秘対策委員会を結成していた。両親を失った雨森始を引き取り、一緒に暮らしている。

登場人物・キャラクター

中学生。雨森電子鉄工の一人息子で、爆破事件により両親を亡くしてからは、叔父である筑波山天文台の雨森教授の所で暮らしている。小兵で短足、あまり取り柄は無いが、好奇心と行動力は旺盛。憧れの美女、雪野弥生が...

関連キーワード

『新竹取物語1000年女王』に登場する惑星。長大な楕円軌道を持つ十番目の惑星。1000年に一度の周期で地球に接近する。その度に恐竜の絶滅やヒマラヤの大造山など地球の運命を変えてきた。直径は10万940...

登場作品

西暦1999年。1000年に一度地球に接近する謎の遊星ラーメタル。接近の度に地球に天災や大事件をもたらしてきたラーメタルだが、今回は地球に壊滅的な破壊をもたらすという。時を同じくして、謎の爆発事故で両...