静月院

黄龍の耳(漫画)の登場人物。読みは「せいぜついん」。

  • 静月院
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黄龍の耳(漫画)
正式名称
静月院
ふりがな
せいぜついん

総合スレッド

静月院(黄龍の耳)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

京都のとある庵の主人である、老尼。若い頃の43代目棗希郎衛門と親交があり、黄龍の耳の力にも詳しい。ひときわ大きな耳が特徴的。43代目の意向を受け継ぎ、キロウに、黄龍の耳の力を封印する強力な輪・炎龍の輪を受け渡す。

登場人物・キャラクター

代々棗希郎衛門の名前と、富と女を欲しいままにする伝説の力・黄龍の耳を継承する棗家の45代目の青年。正義感が強く、責任感のある真っ直ぐな性格の持ち主。少年の頃から数年間、イタリアの修道院でトマスという名...

登場作品

イタリアの修道院で修業を積む青年・トマス(キロウ)は、父親の死によって家に代々伝わる棗希郎衛門という名前、莫大な財産、そして富と女を思いのままにする力・黄龍の耳を受け継ぐことになる。キロウは、棗家に代...