ワタリ

ワタリ

忍者漫画の巨匠によるミステリータッチの時代劇アクション。忍者たちが百地党と藤林党の二派に分かれ対立する伊賀の里を舞台に、謎の少年忍者ワタリが下忍支配の陰謀を暴く。

概要

時は天正年間、百地党と藤林党の二派に分かれて忍者たちが対立する伊賀の里に、少年ワタリじいと呼ばれる老人が住み着いた。主領の上忍に支配される忍者たちは死のおきてに脅え、やがて現状打開を望む者たちが赤目党を結成。暗雲渦巻く伊賀の里でワタリじいが、巧妙な忍者支配のからくりを暴くため活躍する。

登場人物・キャラクター

主人公

二派に分かれた伊賀忍者の一派百地党の領地に、じいと呼ぶ老人と共に住み着いた笛の上手な少年。その正体は誰にも支配されず旅する忍者集団ワタリの一族の一人で、生まれた時に母を失い、伊賀からの抜忍であるじいこ... 関連ページ:ワタリ

四貫目

白土三平の他作品にも登場する定番キャラクター。この作品ではかつて伊賀から逃げ延びた唯一の抜け忍としてワタリの一族に加わり、ワタリの育ての親になっている。カブト割り手裏剣を使った無角の術を得意とするほか、ピンチの時には右足の義足に仕込んだ銃を使う。

伊賀百地党の中忍で、主領の百地三太夫に仕える大頭。死のおきてに脅える下忍たちに味方して赤目党に参加したことから、百地三太夫亡き後、百地党の主領となったが、復活した百地三太夫によって投獄された。赤目党の... 関連ページ:音羽の城戸

伊賀百地党の主領の老人で上忍。対立する藤林党主領の藤林長門と密かに通じて伊賀を支配していたが、反抗する赤目党潰しに動くなかでカズラが屋敷に仕掛けた爆薬によって死亡。しかし首を獲られたにも関わらず復活し... 関連ページ:百地 三太夫

藤林長門に仕える伊賀藤林党大頭の中忍で、血引きという武器を使う。その正体は百地党大頭の音羽の城戸であり、これが暴かれた時、伊賀崎六人衆に化けた新赤目党の六人を真空斬りの術で倒している。下忍の動きを監視... 関連ページ:楯岡の道順

藤林 長門

伊賀藤林党の主領の上忍で、一人娘のアテカがいる。しかし実際は楯岡の道順こと音羽の城戸に操られる手下に過ぎず、後には死んだ百地三太夫に化けて、百地党と藤林党両方の主領となった。やがて正体が暴かれた後は、自爆して果てている。

アテカ

伊賀藤林党主領藤林長門の幼い娘。たびたびワタリに変装されて入れ替わられ、本人も楯岡の道順に疑われて丸裸にされてしまう。一方で密かにワタリから笛の曲を教わり、親しくなってもいた。将来ワタリと結婚することを望んでいたが、ワタリへの見せしめとして0の忍者に殺されてしまう。

伊賀百地党の下忍養成所の小頭で、タンジンの術の使い手。幼い時に親元からさらわれて忍者になり、三年目に家族を探し当てたものの忍びの掟のため会いに行けず、ハリボテの岩をかぶって家族の様子を見ては涙を流して... 関連ページ:カズラ

伊賀百地党のくの一で、下忍養成所小頭のカズラの義理の姉。カズラの養父の実の子供である。カズラにとっては姉のような存在で「ねえちゃん」と呼ばれているほか、「ミス伊賀」とも評されるほどの美人。主領の命令に... 関連ページ:ツユキ

伊賀百地党の忍者で、下忍養成所小頭のカズラと親しい。変化の術を得意とし、四方カタビラと手裏剣の千本を使う。伊賀百地党のくの一ツユキが好きだったが、彼女が殺した石垣城城主石なぎ軍太夫にすり替わって城に潜... 関連ページ:新堂の小次郎

柘植の百貫

「千里眼の百貫」の異名を持つ伊賀百地党の小頭。隻眼だが、長筒のほか連発の短銃も使いこなす銃の使い手。死のおきてを暴くため仲間と密かに赤目党を結成したが、伊賀崎六人衆のシジマに倒されてしまう。

赤目党とワタリ四貫目を狙った伊賀藤林党の精鋭下忍集団で、独自の技を持つ六人で構成されている。シジマは柄頭に気砲(空気銃)を仕込んだ刀を使って柘植の百貫を倒し、ツブキは自分と同様に水術を得意とする下水の... 関連ページ:伊賀崎六人衆

全身を黒い甲冑で固めて木枯という馬に乗り、音羽の城戸の支配から解放された伊賀の里で新赤目党に敵対した謎の忍者。しかしその正体は音羽の城戸に催眠術で操られた忍者たちで、そのため倒されても何度も忍者を替え... 関連ページ:0の忍者

石川のオビト

音羽の城戸による伊賀支配が終わった後、新赤目党の頭となった下忍。赤目童子という名の侍に化け、仲間と共に城落としの仕事を請け負っていた。後に0の忍者の報復を恐れた新赤目党の忍者たちに最後まで抗戦を訴えるが、逆に仲間たちによって殺されてしまう。

SHARE
EC
Amazon
logo