馬の耳に風

馬の耳に風

短編集『ニッポニア・ニッポン』に収録された短編三部作馬の耳に風の第一作。江戸時代をのんびりと生きる、若い学者・馬風とその友人である女姿のおかつ、三味線の名人で旗本の嫡男・若の三人が心中騒動に巻き込まれる。

正式名称
馬の耳に風
作者
ジャンル
江戸時代
関連商品
Amazon 楽天

概要

の三味線の弟子・豊作が、なりゆきで吉原の女郎・磯江と心中の約束をしてしまう。馬風は、とりあえず磯江を足抜きさせて、二人を駆け落ちさせればどうかと思いつく。女の出入りに厳しい吉原だが、まずは女姿のおかつが入る時に切手(通行証)を手に入れ、それを使って磯江が堂々と吉原大門から脱出。

おかつは男姿で出ていくという計画であった。計画は見事に成功するのだが、吉原から一歩外に出た磯江は憑き物が落ちたように、吉原へと戻ってくるのだった。

登場人物・キャラクター

馬風

馬風庵に住まいする32歳の学者。馬の耳に風シリーズ三部作を通じて登場する。総髪を後ろで束ね、不精髭が目立つむさ苦しい風体だが、知恵者。

野火止 勝四郎

馬の耳に風シリーズ三部作を通じて登場する馬風の遊び仲間。与力・野火止彦十郎の双子の弟。双子を忌む風習があったためか幼時より女装をさせられていた。一見、おきゃんな江戸娘。21歳。本作では姓を「火火止」と表記しているが、続編月夜の宴の扉では作者の手書きで野火止と表記されている。

守屋 弓弦

馬の耳に風シリーズ三部作を通じて登場する馬風の遊び仲間。千五百石の旗本の若様で三味線の名手という風流人。26歳。

豊作

若の三味線の弟子。呉服問屋・丸升の三男坊。なりゆきで吉原の女郎・磯江と心中の約束をしてしまう。

磯江

吉原の女郎。年季明けも近いのに、稼業に嫌気が差し、気鬱となり、自殺しようとしている。心中の約束はどうでもいいらしい。

場所

吉原

『馬の耳に風』に登場する江戸時代の歓楽街。男性は出入り自由だが、女郎の脱走を防ぐため、女性の出入りには切手と呼ばれる通行証が必要。

その他キーワード

切手

『馬の耳に風』に登場する吉原の通行証。女郎の脱走を防ぐため、所用で吉原の大門内に入る女性に発行される木札。これを示さないと外には出られない。

SHARE
EC
Amazon
logo