月夜の宴

月夜の宴

短編集『ニッポニア・ニッポン』に収録された短編三部作馬の耳に風の第二作。江戸時代をのんびりと生きる、旗本の嫡男、若の三味線の音色に合わせて打たれる鼓の音の秘密を探ろうと、学者の馬風とおかつが興味半分で乗り込んでくる。

正式名称
月夜の宴
作者
ジャンル
江戸時代
関連商品
Amazon 楽天

概要

本所、柳島の別宅で、が三味線の練習をしていると月に一度、三味線の音に合わせて鼓を打つ者がいる。その正体を暴こうと、自ら発明したと称する照明器具天燈鏡を持ち込んだ馬風おかつ。酒盛りのあと、二人は夜の野原に出て、の三味線の音に聴き惚れていた。そこへ鼓の音が響く。音を頼りに、十日稲荷社に近寄れば、妙齢の美女が鼓を打っていた。

その正体は鼓の師匠・田中小伝次だった。翌日、彼女は改めて、のところに挨拶に伺い、は彼女の美貌にぼーっとなってしまうのだった。

登場人物・キャラクター

馬風

馬風庵に住まいする32歳の学者。馬の耳に風シリーズ三部作を通じて登場する。総髪を後で束ね、不精髭が目立つむさ苦しい風体だが、知恵者。本作では、おかつとともに、若の三味線に合わせて聞こえる鼓の音の正体を探る。

馬の耳に風シリーズ三部作を通じて登場する馬風の遊び仲間。与力・野火止彦十郎の双子の弟。双子を忌む風習があったためか幼時より女装させられていた。一見、おきゃんな江戸娘。21歳。本作では、馬風と一緒に若の... 関連ページ:野火止 勝四郎

守屋 弓弦

馬の耳に風シリーズ三部作を通じて登場する馬風の遊び仲間。旗本の若様で三味線の名手という風流人。26歳。シリーズ第二話に当たる本作では、三味線の名手であることが描かれる。

田中 小伝次

鼓の師匠。芸名は男名だが若い美女。鼓の音の正体。

その他キーワード

一片

『月夜の宴』に登場する若愛用の三味線の名器の銘。銘の謂われは「これを弾けば花の香を誘い一片の花弁が舞い込む」という伝説がある。この三味線の音色が美しい鼓の師匠、田中小伝次を若の元に誘うことになる。本作... 関連ページ:一片

天燈鏡

『月夜の宴』に登場する馬風が発明した照明器具。現代で言えば懐中電灯に当たる江戸時代の「龕灯」の内側に銀メッキを施し、前に天眼鏡(拡大鏡)を嵌め込んだもの。

SHARE
EC
Amazon
logo