駒谷 文造

駒谷 文造

悪女聖書(漫画)の登場人物。読みは「こまたに ぶんぞう」。火野 百合子とはライバル関係。

登場作品
悪女聖書(漫画)
正式名称
駒谷 文造
ふりがな
こまたに ぶんぞう
関連商品
Amazon 楽天

概要

駒谷商事の社長。不動産、建設、金融など手広く商売をしているが、実態は脱税や高利貸しなど、あくどい手法で私腹を肥やしている。高級料亭・満玉の仲居・夏世と謀って料亭雨蝶を手に入れる。根津業子の策略で窮地に陥った際、国会議員宮脇善三郎を頼る。

関連人物・キャラクター

火野 百合子

料亭雨蝶の娘。雨蝶を手に入れようとする夏世と高利貸し駒谷文造の策略で、結婚を破談にされた上雨蝶を追い出され精神に異常を来してしまう。根津業子は彼女の世話をするようになる。兄火野孟は、パリで流れの板前を... 関連ページ:火野 百合子

宮脇 善三郎

国会議員。宮脇派の領袖。派閥の若手代議士筒井利章と深い仲になった根津業子に横恋慕し、媚薬を使って無理矢理関係を結ぶ。 関連ページ:宮脇 善三郎

登場作品

悪女聖書

首吊りをした母から生まれた 根津業子はその出自ゆえに、家族に虐げられて育つ。初恋の男性寺尾貴志と一度は思いを遂げるが、別れた上に高校を中退して上京する。北斗電機の女工から本社社員に抜擢された彼女は、同... 関連ページ:悪女聖書

SHARE
EC
Amazon
logo