高野 槙

ハツカネズミの時間(漫画)の主人公。読みは「たかの まき」。

  • 高野 槙
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハツカネズミの時間(漫画)
正式名称
高野 槙
ふりがな
たかの まき

総合スレッド

高野 槙(ハツカネズミの時間)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

園倉茗新山椋室樹棗らとともに子供のころから蒼崚学園で育つ。蒼崚学園で投与されている試薬の影響で、色盲になってしまった。5歳のころ、氷夏桐子蒼崚学園を脱出する際、桐子からともに来るよう誘われるがこれを拒否。その後、記憶操作が行われ桐子のことを忘れ、12年間疑問を持つことなく蒼崚学園で生活を続ける。

しかし桐子が捕らえられ蒼崚学園に連れ戻されたことで状況が一変。桐子から蒼崚学園が実験施設であることを知らされ、茗、椋、棗とともに脱出しようと計画しはじめる。棗が実母に引き取られたのちも計画を続け、桐子を救出しにきたとともに脱出の機会を獲得。

直前になって脱出を拒んだ茗と茗のために留まった椋を残し、と桐子が住む新宿の部屋で居候に。外の世界に当初は戸惑うものの、桐子の紹介で金井陽一郎の父親が営む酒屋でアルバイトをするなど、徐々に馴染んでいった。アルバイトで配達の仕事をしていた折、蒼崚学園の不都合な記憶を忘れさせられた棗と偶然再会。

棗の方は過去の記憶を刺激され、自分たちは知り合いなのではないかとに接触してくるが、は棗の新しい人生を慮り、これを否定する。その後、鳴沢檀と取引した茗が現れ、桐子、とともに蒼崚学園へと戻ることに。桐子がに惹かれていることを知りながら、桐子に想いを寄せている。

登場人物・キャラクター

もともとは蒼崚学園の生徒で、5歳のときに脱出。このとき高野槙に一緒に来るよう誘うものの、槙がこれを拒否したため一人で逃れていった。その後、梛に拾われ、以降はともに生きていくようになる。梛とは喧嘩が絶え...

関連キーワード

『ハツカネズミの時間』に登場する学校。生徒たちにはエリート養成のための一貫校と説明されているが、その実態は鳴沢製薬によって身寄りのない子供たちが集められ、さまざまな試薬を投与するための実験施設である。...

登場作品

エリートを育成するため、幼いころから世俗から離れた環境で一貫教育を行う蒼崚学園。生徒たちは自分たちが通う学校に疑うことなく学生生活を過ごしていた。主人公の高野槙もそのひとり。しかし槙の日常は、氷夏桐子...