鳥原 秀太郎

鳥原 秀太郎

羊の木(漫画)の主人公。読みは「とりはら しゅうたろう」。鳥原智子とは親族関係にある。

登場作品
羊の木(漫画)
正式名称
鳥原 秀太郎
ふりがな
とりはら しゅうたろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

魚深市市長。普段は温厚だが、頭に血が上ると我を忘れてしまう性格で、若いころ傷害事件を起こしたことがある。元犯罪者たちの更生を信じ、また多額の助成金を目的に更生促進プロジェクトの施行を決断、11人の元受刑者を受け入れた。しかし、実質的な作業を月末一大塚武に任せっきりな所もあり、娘の鳥原智子から知らされるまで、町の異変に気が付かなかった。

頻繁に訪れてくる更生促進極秘プロジェクト責任者の、三田村浩を怪しく思っている。

関連人物・キャラクター

鳥原智子

市長鳥原秀太郎の娘。社交性があり、のろろ祭りではチーフ・ボランティアを務めていた、鳥原秀太郎の一人娘。のろろ祭りの日に、宮腰一郎と寺田一義によって誘拐されてしまうも、大野克実によって助けられる。それか... 関連ページ:鳥原智子

関連キーワード

魚深市

かつて海上交易で栄えた港町。鳥原秀太郎が市長を務める。現在では過疎化、高齢化の波に飲まれつつある。海上安全と豊漁を祈願した奇祭、のろろ祭りが年に一度催される。 関連ページ:魚深市

登場作品

羊の木

刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる更生促進極秘プロジェクトの対象となった魚深市。市長の鳥原秀太郎は、江戸時代に流刑人を助け、更正させた鳥原源佐衛門の子孫であることと、助成金を目当てに市民には秘... 関連ページ:羊の木

SHARE
EC
Amazon
logo