鳴海 清隆

鳴海 清隆

スパイラル 〜推理の絆〜(漫画)の登場人物。読みは「なるみ きよたか」。鳴海歩とは親族関係にある。

登場作品
スパイラル 〜推理の絆〜(漫画)
正式名称
鳴海 清隆
ふりがな
なるみ きよたか
関連商品
Amazon 楽天

概要

鳴海歩の兄。元は警視庁の有能な警部で名探偵と呼ばれた人物。何事も天才的な才能と強運で一流にまで上りつめる、まさに神のような存在であったが、2年前に「ブレード・チルドレンの謎を追う」と言い残し失踪。この時すでに自らの対極であるミズシロ・ヤイバを殺害し、すべてを運命の歯車どおりに動かすべく行動していた。

関連人物・キャラクター

鳴海歩

私立月丘学園高等部に通う16歳の少年。失踪した兄の清隆が語ったブレード・チルドレンに深く関わるようになり、自らの使命に目覚めていく。兄の失踪後、その妻で初恋の相手でもあるまどかの面倒を見るため同居。カ... 関連ページ:鳴海歩

ミズシロ・ヤイバ

全てのブレード・チルドレンの実父で、神である鳴海清隆と対をなす悪魔。生まれつき右の肋骨が一本欠けている。20歳で悪魔の血に目覚め、自らをリーダーとする騎士団(ナイツ)を結成。優秀な自分の血を引く80人... 関連ページ:ミズシロ・ヤイバ

登場作品

スパイラル 〜推理の絆〜

高校1年生の鳴海歩は、同じ学園の女子が学校の非常階段から転落死した事件をきっかけに、失踪した兄が追っていたブレード・チルドレンと関わりを持つようになる。自ら不幸を自覚するブレード・チルドレンとは何者な... 関連ページ:スパイラル 〜推理の絆〜

SHARE
EC
Amazon
logo