俺と悪魔のブルーズ

1929年末~1930年代のアメリカ合衆国を舞台に、「クロスロード伝説」に従って悪魔的なまでの演奏技術を手に入れたブルーズマンRJの波乱に満ちた放浪の旅を描くサスペンスアクション。主人公RJは実在した伝説のブルーズマン、ロバート・ジョンソンをモデルとしているが、物語の大半は創作である。

正式名称
俺と悪魔のブルーズ
作者
ジャンル
アクション
 
推理・ミステリー
 
サスペンス
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
巻数
全5巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

1929年末、平凡な農夫だった黒人男性RJはブルーズマンになることを夢見ていた。「真夜中に十字路でギターを演奏して、悪魔と取引すればすべての願いが叶えられる」という「クロスロード伝説」の通りの行動をしたことで、超人的なギター演奏ができるようになったRJだが、そのせいで妻を失い、放浪の旅に出ることになる。

その最中にクライド・バローという脱獄犯と出会ったことがきっかけで、白人の富豪らから追われる身となり逃亡生活に突入する。そんな中でも彼のブルーズは人を魅了するとともに、より苦難に満ちた運命の泥沼にRJを引きずり込んでいく。

登場人物・キャラクター

RJ

伝説的なブルーズ歌手として名を残す実在の人物ロバート・ジョンソンをモデルとしている。アメリカ合衆国ミシシッピ州・ロビンソンヴィルのクライン農園で働く農夫。ブルーズマンになることを夢見ていたが、ギターの腕は稚拙。しかし1929年冬、「真夜中に十字路でギターを演奏して悪魔と取引するとすべての願いが叶えられる」という「クロスロード伝説」の通りの行動をしたことで、突如見違えるほどのギターの技術を身につけた。 そのさい、本人は2~3日家を空けただけのつもりだったが、実は半年もの時間が経過しており、妊娠中だった妻のヴァージニアも失ってしまう。その後、彼が「悪魔」と呼ぶアイクという名の黒人と共にロビンソンヴィルを去り、放浪の旅に出る。 その道中でクライド・バローに目を付けられ、行動を共にすることに。その後、スタンリー・O・マクドナルドの義弟を殺害した濡れ衣をかけられ、配下の農夫たちに襲われて拉致され、リンチにかけられて処刑されそうになる。クライド・バローの助けにより脱走するも、追われる身となってしまう。 悪魔との契約によるものか、右手の指が10本になることがあり、その力によって超人的なギター演奏を行えるようになった。

ヴァージニア・トラヴィス

アメリカ合衆国ミシシッピ州・ロビンソンヴィルに住む黒人女性で、RJの妻。1929年末の時点で7ヶ月の妊婦だった。結婚前はブルーズマンになる夢を持つRJの求愛を邪険にしていたが、RJの必死さに折れて結婚する。「クロスロード伝説」に従ったRJが半年間失踪している間に出産するも、そのさいにお腹の中の子供と共に死亡する。 姉のベッシーは、農夫グランヴィルの妻。失踪から戻ったRJをグランヴィル・ベッシー夫妻は激しく叱責し、RJは放浪の旅に出ることとなる。

サン・ハウス

モデルは実在したブルーズマンのサン・ハウス。RJがその演奏を聴いて感銘を受け、彼に教えを乞おうとするが、ブルーズは教えられるものではないと拒絶する。「ブルーズは誰の胸の奥にでもあるもので、ブルーズマンはそれを摑みとって表現(だ)すだけ」という信念の持ち主。RJが半年間失踪した後に再会したさいには、なぜかRJのことを覚えておらず、ロビンソンヴィルに来るのも初めてだった。 失踪から戻ったRJは、サン・ハウスをはるかにしのぐ技量を身につけていた。

クライド・バロー

1930年代前半、アメリカ中西部で銀行強盗や殺人を繰り返した犯罪者であるクライド・バローをモデルとした白人男性。ボニーという名の恋人がいた。窃盗で刑務所にいたが、ボニーによって差し入れられたピストルを使って脱獄する。逃走のさいに車を盗み、持ち主の初老男性を殺害するが、後にその相手がスタンリー・O・マクドナルドの義弟であったことが判明する。 1930年に米国中部某所でRJの演奏を偶然耳にし、彼を窃盗に利用することを思い立つ。サム・キングワーナーの屋敷に立ち寄ったさいは、RJにギターを演奏させ、家人がそれに気を取られている隙に盗みを働こうとした。スタンリー・O・マクドナルド支配下の町に立ち寄ったさいは、新聞記者の「ロイ・ソーントン」を名乗る。 スタンリー・O・マクドナルドの手下どもに捕らえられたRJを救出し、その後も共に逃走する。

アイク

RJが「クロスロード伝説」に従い、超絶的なブルーズの演奏技術を身につけて以降、彼の前にたびたび現れるようになった謎の黒人ブルーズマン。RJはアイクを悪魔と認識しているが、アイクはそれを否定する。RJがロビンソンヴィルから旅立った後、しばし道中を共にしていた。クライド・バローが殺害した初老男性の死体から盗みを働こうとするが、その姿をスタンリー・O・マクドナルドの手下に目撃され、RJが殺人の濡れ衣を着せられる原因を作った。 やがてスタンリー・O・マクドナルド支配下の町で、保安官事務所の牢に入れられたRJの前に現れ、彼にすべての望みを捨ててリンチを受けて死ぬよう勧める。

サム・“キング”・ワーナー

クライド・バローがRJを連れて立ち寄った屋敷の主人で、ワーナー農園の主。クライド・バローはRJがギターで人々の気をひいている隙に盗みを行おうとするが、突如RJが昏倒したことで露見する。そのさいにワーナー夫人であるエイミーが、おいのジョージと浮気していたことがバレてしまう。

スタンリー・O・マクドナルド

アメリカ合衆国の片田舎の町で、絶対的な権力を振るう大富豪。盲目の老人。町では禁酒法の遵守を徹底させており、一滴でも酒を飲んだら死刑に処している。美しい少年を町から屋敷に連れてきて養っている。少年たちはその後、留学という名目で町から消え、戻ってきた者はいない。現在はトビー少年を養っている。 屋敷の隠し部屋には精巧に作られた、自作の少年の人形が何体も並べられている。町では厳しく酒を禁止していながら、キャリオン・バレー(腐肉谷)という土地で酒を密造させていることを、クライド・バローとRJに知られてしまう。クライド・バローが車を盗んださいに殺害した相手は、スタンリー・O・マクドナルドの妹の夫だった。

ウォーレン

スタンリー・O・マクドナルドの配下。新聞記者「ロイ・ソーントン」を名乗るクライド・バローに疑いをかけて追及しようとするが、トビーの証言によってクライド・バローは難を逃れる。その後もクライド・バローに対する執着を見せ、保安官事務所からRJを脱獄させたクライド・バローを、仲間のギルビーと共に執拗に追い回す。 山に逃げ込んだクライド・バローとRJを追い詰めるが、ギターケースに隠してあった散弾銃でRJに撃たれる。

トビー

スタンリー・O・マクドナルドが「親友」と呼び、寵愛している少年。小学校に入る前後くらいの年齢でスタンリー・O・マクドナルドの屋敷に連れてこられた。牢に入れられたRJの右手の指が何本あるか、スタンリー・O・マクドナルドに代わって確認させられ、得体の知れない恐怖に支配された彼は、10本あったはずの指を「5本」と証言する。 マクドナルド邸の秘密の部屋には「トビー・マクドナルド」と記された未完成の少年像が用意されている。

サンダーズ

スタンリー・O・マクドナルドが支配する町で保安官を務めていた男。RJが保安官事務所の牢に入れられていたときに、バーニィに命令してその所持品の中から金目のものを探させる。そのさいに発見されたRJの所持品の酒を飲んだことがスタンリー・O・マクドナルドに露見し、保安官の地位を剥奪されて投獄される。

バーニィ

スタンリー・O・マクドナルド支配下の町で保安官助手見習を務める21歳の青年。上司であるサンダーズに命令されてRJの着衣から金目のものを探し、酒を発見してしまう。サンダーズに強要されて酒を口にしてしまったため、RJと同じ牢に入れられる。そのさいにRJの指が10本あるのを目撃して錯乱状態に陥る。 クライド・バローがRJを救出しようとしたさいに協力するが、追っ手によって射殺される。

ローラン

スタンリー・O・マクドナルド支配下の町で保安官助手を務めていた男性。サンダーズによって酒を飲むよう強要されるが、飲んだふりだけしてごまかし、そのことを密告して保安官代理の座を手にする。妻と、ティムという名の一人息子がいる。

ガルム/フェンリル/ニーズヘッグ

『俺と悪魔のブルーズ』に登場する3匹の犬。スタンリー・O・マクドナルドが飼っている猟犬で、悪魔的なまでの戦闘力を持つ。ガルムは圧倒的な膂力の持ち主だが有り余る力を制御できない弱点がある。フェンリルは知能に優れて、着実に獲物を追い詰める狩りを楽しむ。ニーズヘッグはフェンリルとガルムを従える統率力を持つ。スタンリー・O・マクドナルド支配下の町から逃走しようとするクライド・バローとRJに対する追っ手として放たれる。

サイクス

スタンリー・O・マクドナルド支配下の町にあるジューク・ジョイント(安居酒屋&ライブハウスで当時の黒人たちの社交場)にいた黒人。大の白人嫌いで、右眼を白人につぶされた過去がある。逃走中のクライド・バローが、昏倒したRJを助けるためジューク・ジョイントに駆け込んださいに、サイクスにRJが天才ブルーズマンであると吹き込んだ。 演奏を強要されたRJは、最初はうまく演奏できなかったが、右手の力を解放させたことでジューク・ジョイント中の黒人たちを熱狂の渦に巻き込む。その後、スタンリー・O・マクドナルドの屋敷で働く使用人から密告を受けたサイクスは、クライド・バローとRJを捕らえ、木に縛りつける。

書誌情報

俺と悪魔のブルーズ 全5巻 講談社〈アフタヌーンKC〉 完結

第1巻

(2005年1月発行、 978-4063143652)

第2巻

(2005年8月発行、 978-4063143881)

第3巻

(2006年7月発行、 978-4063144208)

第4巻

(2007年9月発行、 978-4063144673)

第5巻

(2015年7月6日発行、 978-4063825725)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo