黄色い本 ジャック・チボーという名の友人

黄色い本 ジャック・チボーという名の友人

雪深い田舎に住む主人公の女学生田家実地子が、日常生活を送りながら小説「チボー家の人々」を読み進める様子を描く。作中に登場する小説「チボー家の人々」は、ロジェ・マンタル・ルガール著の実在する小説で、山内義雄による翻訳本が引用されている。

正式名称
黄色い本 ジャック・チボーという名の友人
作者
ジャンル
日常
レーベル
アフタヌーンKCDX(講談社)
巻数
全1巻完結
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

主人公の女子中学生田家実地子は、読書が趣味。卒業を間近に控えており、それまでに学校の図書室で借りた小説「チボー家の人々」を読み終えることを目標にしている。小説の世界にのめり込んだ実地子は、登場人物たちと会話をするような空想をしながら、日常生活を送っていく。

登場人物・キャラクター

田家 実地子 (たい みちこ)

卒業と就職を間近に控えた女子中学生。読書が趣味で、図書室で借りた小説の「チボー家の人々」を読みながら、登場人物たちと会話するような空想をしている。編み物や裁縫が得意で、県内のメリヤス産業に就職することを考えている。話す言葉には、東北地方の訛りがあるが、読書経験から語彙が多く、友人からは「時々難しい言葉を使う」と言われている。

実地子の父 (みちこのちち)

田家実地子の父親。実地子が本を読んで、創造性のある仕事に就くことを好意的に思っている。実地子が読んでいるチボー家の人々も、読み返すために購入してもよいといった。

田家 基根夫 (たい きねお)

田家実地子の弟。実地子と同じく、本を読むことが好き。留美のよい遊び相手になっている。

留美 (るみ)

田家実地子の従姉で、実地子の家で預かっている。まだ幼い子どもで、構ってもらえないといたずらをすることも。

その他キーワード

チボー家の人々

『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』に登場する小説。実在の小説がモデルとなっており、登場するのは山内義雄による翻訳版。引用される文章は、通常のセリフやモノローグのような写植ではなく、田家実地子が読んでいる小説本のページとして作画される。登場人物が実地子の空想上に現れ、実地子と会話をすることもある。

書誌情報

黄色い本 :ジャック・チボーという名の友人 全1巻 〈アフタヌーンKCDX〉 完結

第1巻

(2002年2月発行、 978-4063344882)

SHARE
EC
Amazon
logo