黄色い涙

黄色い涙

貧乏なクリエイター志望の若者たちが、村岡栄の下での共同生活を経て去って行くまでを読み切り連作で描いた、青春漫画。主な登場人物は当時の作者のアシスタントたちがモデルである。『黄色い涙』とは、『漫画家残酷物語』『フーテン』『若者たち』など、作者が描いた(主に)若者の挑戦と挫折をテーマにした作品群につけられたシリーズ名であり、『黄色い涙』という固有のタイトルの漫画はない。『若者たち』が映画化されるにあたり、同名の番組が既にテレビにあり、混同されるおそれからタイトルをシリーズ名の『黄色い涙』と変更。原作漫画として出版された経緯がある。『シリーズ黄色い涙 若者たち』が正式な通しタイトルで、各話に別タイトルがついた連続読み切りで構成されている。ここでは『若者たち』を『黄色い涙』として扱う。

正式名称
黄色い涙
作者
ジャンル
共同生活
レーベル
サン・コミックス(朝日ソノラマ)
関連商品
Amazon 楽天

概要

昭和43年、漫画家の村岡栄が公園で休んでいたところ、丁半博打をやっている二人の若者と出会う。二人が賭けていたのは一本のタバコだった。この若者らにタバコと飯を与え、自分の部屋に連れて帰るところから物語は始まる。村岡のアパートの部屋は3畳で、すでに先客がいた。5人の若きクリエイター志望者たち(かろうじてアシスタントでギャラを得ているのは村岡だけ)の極貧耐久生活がスタート。

途中、押しかけアシスタントと漫画友達が加わり、総勢7人になったこともある。最後、生活に耐えかねて「描きたくない漫画でも食うためには描く」と決意した村岡の気持ちを全員が察し、村岡もまた、友人関係を清算するべく決別を告げる。

登場人物・キャラクター

主人公

22歳。児童漫画家に憧れ、18歳のときになにも太郎のアシスタントとなる。やがて青年漫画に興味は移行するが、「サイケにハレンチ、それにベッドシーンが無い」暗い漫画は売れず、最初の2~3本は掲載されたが、... 関連ページ:村岡 栄

大阪出身。関西弁で喋る、歌手志望。村岡栄が公園で拾った一人。曰く、各地の民謡を訪ねて大阪から北上してきた。上京後すぐ、ギターを質入れしてしまい、歌えぬ歌手となる。物語の途中で井上と仲たがいしてアパート... 関連ページ:セキ

大阪出身。詩人。しかし、紙の上に表現するのではなく、ほとばしる感情を絶叫するという迷惑なスタイル。左翼思想家でもある。居候最終メンバー。 関連ページ:井上

小説家志望。友人の山岸長十郎によれば、ちかく直木賞候補になるらしい。居候最終メンバー。 関連ページ:向後

油絵を描いている。絵は抽象画で難解だが、友人の山岸長十郎が「売ってきてやる」と持ち出し、山岸の押しの強さもあって5万円で質屋に預けたことがある。居候最終メンバー。 関連ページ:三橋

中野在住。羽織袴姿で明治の文士調の格好をしている。元々、向後とは友人関係らしいが、今では全員の友人である。威勢のいいのが取り柄。 関連ページ:山岸 長十郎

九州から村岡栄の漫画に衝撃を受けて押しかけアシスタントになる。サ行の「s」の音が「sh」になってしまい、「です」を「でシュ」と発音する。村岡の入院を機に新聞配達で労働の尊さに気づき、住み込みで働くこと... 関連ページ:トクヒロ

置き忘れた向後の作品を届けに来た美女。東大でフランス文学を学んだ資産家の娘だが、恋人を交通事故でなくして以来、発症。駅前でしょぼくれた青年をみると逆ナン、結婚の約束を繰り返すという奇行で、界隈では有名... 関連ページ:六丁目のりこうばか

村岡栄の漫画友達。キャンプに誘われ、ついて行ったあと、村岡栄のアパートに居着く。額に3~4個のほくろがある。居候最終メンバー。 関連ページ:木村

村岡栄とは漫画関係の友人。木村の友達という関係で、いつの間にか居着いてしまったが、「居づらい」「元々、村岡の先生に弟子入りしたくていた」わけで、後半は村岡の紹介で漫画家、なにも太郎の家に住み込むことに... 関連ページ:可川

村岡栄が以前アシスタントをしていた漫画家。チューリップハットにサングラス、無精髭と作者自身がモデルの風貌で、説教グセがある。若者たちに対して面倒見がいい。アシスタントと妻に逃げられて一人暮らしだった。 関連ページ:なにも 太郎

場所

珈琲ぽえむ

喫茶店。マスターと村岡栄たちは友人であり、ツケがきく。ウェイトレスがかわいい子で、井上が惚れて振られている。マスターは、かつてラジオや映画のシナリオライターだった。 関連ページ:珈琲ぽえむ

あのアパート

村岡栄が暮らしているアパート。作中に名前などは出てこない。村岡の部屋は二階の角部屋で3畳一間。 関連ページ:あのアパート

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

似ている作品
B-SHOCK!
logo