22世紀の野球

22世紀の野球

ドラベース ドラえもん超野球外伝(漫画)に登場するスポーツ。読みは「にじゅうにせいきのやきゅう」。

登場作品
ドラベース ドラえもん超野球外伝(漫画)
正式名称
22世紀の野球
ふりがな
にじゅうにせいきのやきゅう
関連商品
Amazon 楽天

概要

基本ルールは現実世界で行われている野球と同様だが、1試合に両軍3つだけ予め指定されたひみつ道具を1回ずつ使うことが許される。例えばタケコプターで空を飛んでホームラン性の打球をキャッチしたり、ドンブラ粉で地面に潜って敵のタッチを逃れたり、といったように、ひみつ道具の特性を活かし、野球のルールを逸脱しない範囲でのスーパープレイが可能に。

また、本来は竹馬のようにして乗るウマタケをバット代わりに使ってボールを打つなど、ひみつ道具本来の使い方から外れた使用法も認められる。ただし、指定されたひみつ道具であればなんでもOKというわけではなく、まれに使い方に関して審判団が協議を行うことも。

また、人間とロボットの混成チームも認められている。作中の野球は7イニングで争われるが、これは22世紀になってルールが変わったわけではなく、クロえもんたちがプレイするのが草野球であるため。

登場作品

ドラベース ドラえもん超野球外伝

クロえもんたちネコ型ロボットが集まった江戸川ドラーズは、野球への愛は深いが連敗も当たり前という弱小草野球チーム。しかし、クロえもんがライバルのシロえもんとの再会をきっかけに奮起し、その姿に感化された仲... 関連ページ:ドラベース ドラえもん超野球外伝

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo