8時半の決闘

阪神ファンの野球解説者・犬井犬太郎と巨人ファンのアナウンサー・猿山猿三の二人が巨人、阪神戦を実況中継する時の騒動を描いたギャグ漫画。第6回赤塚賞準入選の短編作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
8時半の決闘
作者
ジャンル
ギャグ、コメディ一般
 
野球

総合スレッド

8時半の決闘(漫画)の総合スレッド
2016.06.10 10:45

新着関連スレッド

後楽園球場(8時半の決闘)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46
木常(8時半の決闘)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

熱烈な阪神ファンで野球解説者の犬井犬太郎と、熱烈な巨人ファンで実況アナウンサーの猿山猿三が巨人、阪神戦の実況中継を行う時は、決まって8時半になるとこの二人の闘いが始まるのだった。

登場人物・キャラクター

主人公
『8時半の決闘』の主人公のひとり。53 歳。野球解説者。戦前、プロ野球選手として大阪タイガースに約28日間在籍した過去を持つ。解説者歴は20年で、熱烈な阪神ファン。
主人公
『8時半の決闘』の主人公のひとり。23歳、某民放局の実況アナウンサー。NHKの有名アナウンサー宮田輝に憧れアナウンサーを志す。熱烈な巨人ファン。
実況アナウンサーの男性。野球解説者の犬井犬太郎と実況アナウンサーの猿山猿三が実況中継をやる時に、必ず中継室に待機している。

場所

巨人、阪神戦において、野球解説者の犬井犬太郎と実況アナウンサーの猿山猿三が実況中継を行う。