ADAMAS

宝石使いと呼ばれる力を持つヒロインが活躍する異能力バトル漫画。脚本を漫画家で『ZOMBIEMEN』や『シンバ・ラ・ダ』の原作も手がける岡エリが担当。タイトルの『ADAMAS』は、ダイヤモンドの語源で「(何事にも)屈しない」という意味。

  • ADAMAS
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ADAMAS
作者
ジャンル
アクション一般
 
バトル
レーベル
イブニングKC(講談社)

総合スレッド

ADAMAS(漫画)の総合スレッド
2016.06.10 10:45

新着関連スレッド

宝石使い(ADAMAS)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46
シャニ(ADAMAS)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.06.10 10:46

新着関連スレッドもっとみる

概要

宝石の声を聴き、その力を引き出すことができる特殊能力者、宝石使い。ダイヤモンドの宝石使いである流崎麗華は、ダイヤモンドシンジケート・シャニによって奪われた屋敷を取り戻すため、持ち込まれる宝石絡みの依頼を宝石使いの力を使って解決していく。ある依頼をきっかけにシャニのリーダー、ジェネラル・ジンと深く関わるようになった彼女は、やがてダイヤモンド市場を巡るシャニ、ヒーラ社、ウィルスングループの三つ巴の戦いへと巻き込まれていく。

登場人物・キャラクター

主人公
クリシュナの異名を持つダイヤモンドの宝石使い。流崎グループのトップ、流崎好夫の一人娘。父・流崎好夫が失踪したあと、シャニに奪われた屋敷を取り戻すため、宝石専門のトラブルシューターとなる。周囲にあるダイ...
ダイヤモンドシンジケート、シャニのリーダーにして、アレクサンドライトの宝石使い。電磁波を操り、電子機械を操作できる。また可視光線を操って幻を作り出すこともできる。流崎麗華を愛するようになり、彼女にプロ...
流崎麗華の仲間で、エメラルドの宝石使い。石の力でどんな動きも見切ることができる。元はシャニの宝石使いだったが、組織のやり方に疑問を持ち、シャニを抜ける。抜群のプロポーションを持つブロンド美人で、「世界...
流崎麗華の仲間で、ルビーの宝石使い。中学三年生。石の力で人間離れした怪力を発揮する。幼い頃、シャニの研究員だった両親に施設から助け出され、以来、実の子として育てられてきた。流崎麗華と知り合うまで、自分...
サファイアの宝石使い。元はシャニの幹部でアレクサンドル・ジン・ロマノフのパートナーだったが、アレクサンドルのやり方に疑問に持ち、伝説のM資金を手土産に組織を抜ける。相手の弱点や急所を一瞬で見抜く能力を...
シャニの一員で、インペリアルストーンの宝石使い。超音波を発し、相手に幻覚を見せることができる。愛するアレクサンドル・ジン・ロマノフに自分の力を認めさせるため、流崎麗華に戦いを挑む。戦いの後、ニコライ・...
ウィルスングループの幹部で、ブラックダイヤモンドの宝石使い。他人の記憶を操る能力を持つ。ダイヤモンド市場を牛耳るヒーラ社を潰すため、各地で暗躍を続ける。シャニのリーダー、アレクサンドル・ジン・ロマノフ...
流崎麗華の仲間であるエスメラルダ・ランジェの母親で、水晶の宝石使い。石の力であらゆる毒を無効化し、怪我や病気を治すことができる。伝説の宝石使い「三賢人」のひとり。
流崎麗華の父親。本名はラッキー・ローク。三賢人のひとりで、金の宝石使い。幼かった流崎麗華を引き取り、自分の娘として育てた。
流崎麗華に仕える流崎家の執事。その正体は、ブラックオパールの宝石使いにして三賢人のひとり、そしてシャニの創設者であるウォン・ミュンヘン。
イギリス人冒険家にして鉱物学者。アフリカのタンガニーガでダイヤモンド鉱脈を発見。ダイヤモンド市場の支配者になろうとしたが、市場を独占していたヒーラ社の妨害を受け、その計画は失敗に終わる。その後、ヒーラ...
古代エジプトのファラオで、ラピスラズリの宝石使い。現在の名はプタハ。肉体はとうの昔に滅び、精神だけの存在となっている。エジプトを訪れた流崎麗華に力を貸した。

集団・組織

『ADAMAS』に登場する組織。宝石の密輸を行う闇のシンジケート。ダイヤモンド市場を独占するヒーラ社と対立している。宝石使いの素質を持つ子供たちを集めて養成しており、リーダーのアレクサンドル・ジン・ロ...

その他キーワード

『ADAMAS』に登場するキーワード。優れた宝石鑑定能力を持ち、さらに守護石と呼ばれる石の力を借りて、超人的な能力を発揮できる。普通の宝石使いは自分の守護石の力しか使えないが、ダイヤモンドの宝石使いで...