B型平次捕物帳

B型平次捕物帳

時代劇『銭形平次』を元にしたいしいひさいち作の4コマ漫画。江戸時代の世界設定だが、電話や他国の人間などが登場し、作品の自由度は高い。

概要

小説やテレビドラマなどで有名な時代劇『銭形平次』のパロディ4コマ。B型平次という目明かしの家に、子分のハチが「親分、てーへんだ」とやってくるシチュエーションがメイン。同じ設定で、さまざまなボケとツッコミのバリエーションを展開するどたばたギャグ漫画。

登場人物・キャラクター

主人公

江戸の町を守る目明かし。「投げ銭」を武器にするが、むやみに銭を投げすぎる傾向にある。事件を知らせるハチや、火打ち石を打つ妻のおしずのボケに毎度頭を悩ませ、飛び蹴りでツッコミを入れている。 関連ページ:B型 平次

B型平次の子分。丸メガネに左の頬のホクロが特徴。「親分、てーへんだ」や「ガッテンだ」が口癖だが、ダジャレで言い換えたり、おかしな扮装をして平次の家に飛び込んでくるため、平次にツッコミを入れられる。 関連ページ:ハチ

B型平次の妻。平次が出かける時に、厄除けに火打石を打つ。入れ歯を鳴らしたり、カスタネットを打つなど、毎回さまざまにボケるため、平次に飛び蹴りでツッコミを入れられる。 関連ページ:おしず

B型平次の商売敵。山形県出身。サクランボを口に含み、その種を吹き付けるのが得意技。他にも、蔵王の樹氷や、湯殿山の即身仏といった、山形県由来のとんでもないものを投げる。 関連ページ:山形 平次

ツリ目でコワモテの同心。大抵、B型平次より先に事件現場にいる。平次がやってくると「ひでえもんだぜ」と言いながら、被害者の遺体を見せる。 関連ページ:旦那

SHARE
EC
Amazon
logo