DOLL

近未来を舞台にアンドロイドの製造企業SG社、商品となるアンドロイドたちの人間模様を描いた作品。1話完結、全33話のオムニバス作品。

  • DOLL
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
DOLL
作者
ジャンル
SF一般
レーベル
Feelコミックス(祥伝社)

総合スレッド

DOLL(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

櫃石グループ(DOLL)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:41
S(DOLL)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:41

新着関連スレッドもっとみる

概要

ある者は、心を設定されていない「ドール」に本音を語り、ある者は、年を取らない「ドール」と永遠の命を生きようとする。表情が少なく、人間には絶対服従することをインプットされている年を取らない「ドール」と、感情に左右され、寿命のある人間たちが、汎用人型人造人間「ドール」を製造するSG社を中心にさまざまなストーリーを紡いでいく物語。

登場人物・キャラクター

櫃石グループ社長の娘。少年型のアンドロイドと40年以上暮らしている。少女時代は、完全服従する少年に、日常のストレスをぶつける毎日を送っていた。大人になって今津高則と政略結婚をした後、自分を見つめ続けて...
櫃石グループの社長で、櫃石カヤの父親。娘の誕生日に少年型のアンドロイドを娘の世話係として置いていった。娘のことにはほとんど関心が無く、誕生日のことすら忘れており、世話をするために5人の人間を雇うよりア...
櫃石カヤの婚約者で後の夫。カヤとは政略結婚をしており、家庭を顧みず、愛人を作り、彼女との間に子供をもうけている。
少年型のSG社製アンドロイド。「人間には絶対服従」とインプットされている。SG社製造。櫃石カヤが少女の頃に彼女に買い与えられ、以後、40年以上付き従う。白シャツにネクタイ、ベストに膝丈パンツという装い...
汎用型アンドロイドの発明者。SG社開発部第1研究室に勤務していた。同じ研究室に勤務していた妻のかおるがアルツハイマーに似た症状で記憶を失い始めたとき、かおるの心を移植し姿を似せたドールを作り、神の一線...
SG社開発部第1研究室、ドール開発の責任者。桐島元彦博士の妻。アルツハイマーに似た症状で記憶を失う病にかかる。チョコレートの間食がやめられない。
少年型のSG社製アンドロイド。「製造ナンバーSG-999・製作者キリシマ」と名乗る。違法改造されたドールを狩るために作られたドール。AI(人工知能)が頭以外にも移植されており、頭を砕かれても壊れない。...
SG社の社長の息子。社長と優秀な代理母の間に人工授精で生まれ、IQ200の天才ハッカー。メイド型ドールに育てられる。次期跡取りと社長に指名されるが、社長の息子や娘たちに疎まれ拘束され、局部をメイド型ド...
違法改造を生業としている女性。一継にライバル心を燃やしている。一継亡き後、ITSUKIとバニラを引き取り、一継が遺した一軒家に住まわせる。
少年型のSG社製アンドロイド。男性の身体に女性器を持つセクサロイド。人間の一継にスクラップ同然の値段で買われる。買われた時に製造ナンバーを削られたが、後に一継から、ドールの発明者である桐島博士が手掛け...
少女型のSG社製アンドロイド。女性の身体に男性器を持つセクサロイド。アンドロイドの一継と対で作られた。売春クラブを経営するサディストの女性によって、アンドロイドの一継と共に買われ、首を切り落とされる。...
少女型のSG社製アンドロイド。ドールの発明者である桐島博士が手掛けた9体のうちの1体で、製造番号SG-666。スクラップ屋で売られていたのを一継に買われ、修理されるが言葉を話さなかった。「約束」という...
SG社のドールをスクラップにする部署、通称、人形の墓場で40年以上勤務している。初めてドールをスクラップにしたのは父親が脳溢血で亡くなった年だった。40年の間に母、妻を亡くし一人ぼっちになってしまった...
櫃石カヤの父親が経営する企業グループ。

場所

アンドロイドの製造会社。

その他キーワード

SG社が製造している汎用型アンドロイドのこと。基本的に1体ワンオーナー制で、買い替えなどで廃棄されたものは処分する決まりとなっている。一方で、中古も出回っており、値崩れ、違法改造も問題になっている。S...
SG社が製造している汎用型アンドロイドの中で桐島元彦博士が手掛けたもので、世界に9体しかない貴重なドール。製造番号が連番になっており、他のドールと区別できる。普及型よりもやや感情的に作られている。11...
ドールをスクラップにする機械。SG社の地下にある。ドールを仰向けに寝かせ、安全装置を解除してレバーを引いて操作する。ジャッキのモーターに服が巻き込まれる危険性がある。