Dr.コッペリウス

Dr.コッペリウス

COPPELION(漫画)の登場人物。読みは「どくたーこっぺりうす」。別称、伊丹 又三郎。

登場作品
COPPELION(漫画)
正式名称
Dr.コッペリウス
ふりがな
どくたーこっぺりうす
別称
伊丹 又三郎
関連商品
Amazon 楽天

概要

本名は伊丹又三郎という、コッペリオンを開発したマッドサイエンティスト。かつて京都科学大学再生医科学研究所所長として、ES細胞やゲノム解析で世界的評価を受けた。だが手段を問わない研究手法で、生命倫理の観点から激しい非難を浴びる。そのためDr.コッペリウスという偽名を用い、国籍も隠して活動した。

新都電力台場原子力発電所事故を好機として自分の研究に予算を誘導し、独自の理論を集成してコッペリオンを生み出す。宇宙の暗黒物質(ダークマター)の謎を解く方程式を見つけ、その力をコッペリオンに応用しているという。やがて行方不明になった後、唯一完全なコッペリオンとして生まれた深作葵を確保すべく暗躍。

バグを直してやると嘘をついて、円谷真奈市川迷砂を操った。葵のDNA解析データをほしがる各国首脳を争わせ、核戦争を起こさせようと図る。

登場作品

COPPELION

2016年の大地震と原発事故で東京都民の9割が死んだ世界。その20年後の2036年を舞台に、鉛の防壁で囲まれた死の街・東京で放射能への抗体を持ったコッペリオンと呼ばれる少年少女たちが、それぞれの戦いを... 関連ページ:COPPELION

SHARE
EC
Amazon
logo