GEI-SYA -お座敷で逢えたら-

GEI-SYA -お座敷で逢えたら-

華やかな仕事に憧れる24歳の女性が、偶然出会った芸者の美しさに魅了され、未知の世界である花柳界へ飛び込んでいく。性別を詐称して芸者をしている大学生、そして憧れの婦人科医との奇妙な三角関係を軸に、芸者を目指す主人公の奮闘ぶりを描く。独特の用語やしきたりなど、あまり表に出ない花柳界に内情についても描かれている。

正式名称
GEI-SYA -お座敷で逢えたら-
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
フラワーコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

山梨の乗馬クラブで馬の世話をしていた斉藤直子は、友人の結婚式で見かけた芸者(半玉)藤松の美しさに衝撃を受け、芸者を目指して上京。しかし、面接で24歳という年齢では憧れる半玉になれないと知り、思わず18歳と嘘をついてしまう。こうして半玉見習いになった斉藤直子は、住み込みで芸者修行を開始する。

憧れの藤松が実は男だと知りショックを受けるが、隣に住む婦人科医、則近緑を心の支えにつらい稽古の日々を乗り越えていく。

登場人物・キャラクター

主人公

24歳。童顔で夢見がち。芸者としての芸名は藤子。少女漫画が大好き。地元の乗馬クラブで働いていた斉藤直子は、偶然出会った芸者藤松の美しさに衝撃を受け、芸者になるために上京。24歳という年齢では自分が憧れ... 関連ページ:斉藤 直子

18歳。大学生。斉藤直子が芸者修行することになった置屋、ふじ家を経営する藤千代の孫。母親は売れっ子芸者だった藤乃。彼女が娘を欲しがっていたため、幼い頃は女の子として育てられた。そのため周囲からはお嬢と... 関連ページ:氏家 裕太郎

斉藤直子が働いていた乗馬クラブの常連で、彼女の憧れの存在。職業は婦人科医。母親が元芸者で、花柳界の事情にも詳しい。斉藤直子が住み込みで働いている置屋、ふじ家の隣に住んでおり、藤松こと氏家裕太郎とも顔見... 関連ページ:則近 緑

足利 悟

22歳。斉藤直子の高校時代の後輩で、彼女の元の職場である乗馬クラブで一緒に働いていた。ル・ベベというあだ名は、少女漫画好きの斉藤直子が、萩尾望都の漫画『トーマの心臓』の登場人物から取った。斉藤直子に淡い恋心を抱いており、彼女をお座敷に呼ぶ資金を稼ぐためにホストをはじめる。

藤千代

氏家裕太郎の祖母で、斉藤直子が住み込みで働くことになった置屋、ふじ家を経営している。花柳界のしきたりを何も知らない斉藤直子に、芸者としてのイロハをたたき込む。

斉藤直子が芸者になるきっかけを作った藤松こと氏家裕太郎の母。30歳で氏家裕太郎を産んだ。娘を望んでいたため、幼い息子を女の子として育てた。売れっ子芸者だったが、子宮頸ガンで氏家裕太郎が10歳の時に亡く... 関連ページ:氏家 小百合

詩織

斉藤直子と同じ花街で働く芸者。芸名は高子。斉藤直子と同い年の24歳だが、10代から芸者として修行を積んでいる。則近緑を狙っており、彼に好意を寄せる斉藤直子に何かとちょっかいを出す。祖父が茶道の教室を開いている。

新條

主人公斉藤花子が面接を受けた見所の事務長。氏家裕太郎が半玉の藤松であることを知る数少ない人物の一人。

見所の職員で、斉藤直子が働く置屋、ふじ家にも出入りしている。氏家裕太郎が半玉の藤松であることを知る数少ない人物の一人。

則近 花子

斉藤直子が想いを寄せる則近緑の母親。婦人科医で、息子と一緒に花と緑レディスクリニックを経営している。以前は芸者だったが、結婚を機に辞めた。その後、「花柳界には女性の医者が必要」と一念発起して医者になった。夫が亡くなってからは、息子と二人で暮らしている。

藤松(氏家裕太郎)の客。兄が氏家裕太郎の父親で、彼にとっては叔父に当たる。職業は東京都知事。お座敷遊びが大好きで、斉藤直子も参加した花街をコースにした「第1回東京六花街マラソン」を企画する。過去に氏家... 関連ページ:岩原 国彦

寿々香

京都の舞妓で、斉藤直子が想いを寄せる則近緑の友人。則近緑の先輩医師との結婚が決まっている。

ゴロゴロ

『GEI-SYA -お座敷で逢えたら-』に登場する猫。斉藤直子が働く置屋、ふじ家で飼われている猫。藤乃が拾ってきた。斉藤直子にとっては癒やしの存在になっている。

場所

ふじ家

『GEI-SYA -お座敷で逢えたら-』に登場する置屋。斉藤直子が住み込みで働いている。斉藤直子が芸者になるきっかけを作った藤松の祖母、藤千代が経営している。

SHARE
EC
Amazon
logo