MARS

MARS

心に潜む闇や残忍性といったものがテーマとなっており、他人に怯えて生きる主人公キラと、自分を危険人物だと恐れる零が、互いを想い合うことで強く成長していく姿を描く。ミステリーを織り交ぜた長編ラブストーリー。

概要

心に傷を負った少女麻生キラは、周囲の人間を遮断し孤独に生きている。その日もひとり公園で絵を描いていたキラは、自分に道を尋ねてきたのが学校一の問題児樫野零であることに気づく。驚いたキラは、持っていたスケッチに地図だけ描き示し足早に立ち去るのだが、そこに描かれていたデッサンに零は魅了されてしまう。絵の完成品が欲しいと言ってきた零に戸惑うキラであったが、零の持つ無邪気さや繊細さに引き込まれ、次第に心を開いていくのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

周囲から孤立して生きる少女。人目を引く可愛さを持っていながら、学一の地味女とも噂されている。中学の時「継父」に強姦されたのがきっかけで、完全に心を閉ざしてしまった。女なら誰とでも関係を持つ零を軽蔑して... 関連ページ:麻生 キラ

麻生キラの恋人。190cm近いモデル体型と美しい顔立ちで、西高一の男と騒がれている。入試をトップ合格しているが、タバコに喧嘩、女遊びとやりたい放題。唯一真剣にのめり込んでいるのはロードレースであり、若... 関連ページ:樫野 零

木田 達也

零の親友。西校では零の次にいい男と称されている。中学時代からキラに片想いしていたが、キラが男性恐怖症である事を察し想いを伝えるのを諦めていた。零の協力でキラとの距離を縮めるも、自分に対する恋愛感情がないとわかり諦める。晴美とともに零とキラの一番の理解者である。

キラの親友。1年の時から零にアタックし続けており、キラばがりが零に構われることを良く思っていない。キラに対して嫌がらせを繰り返し、最終的に指の骨を砕こうとまでするが、キラの零を想う気持ちが並大抵じゃな... 関連ページ:杉原 晴美

樫野 聖

零の双子の弟。活発で喧嘩っぱやい零とは対照的に、大人しい優等生タイプ。幼い頃から絵を書くのが好きで、特に零の肖像画ばかり好んで描いていた。中学の時、零の目の前で屋上から飛び降り自殺してしまう。自殺の原因は謎とされていたが、絵に埋め込まれていた遺書をキラが発見し、真実が明らかになっていく。

零に執着する謎の少年。西高に入学してきた美少年で、入学早々学校中の注目の的になる。女子からの告白に、零のことが好きだからと断った事が噂になる。幼い頃からリンチまがいのイジメに遭っており、14歳の時に加... 関連ページ:桐島 牧生

零の父親。零と聖は、妻が弟暁彦との間につくった子供であり実の父親ではない。暁彦の死で精神的に狂ってしまった宵子から子供たちを守るため、宵子を精神科へ入院させる。LAの親戚に零たちを預けたのも、母親の忌... 関連ページ:樫野 崇之

樫野 宵子

零と聖の母親。儀弟である暁彦と密かに愛し合い零と聖の双子を身篭る。暁彦の死で精神がおかしくなり、心中しようと何度も息子たちを殺しかける。自分を精神科医に入れた夫を恨み、父親は冷酷な人間だと零たちに刷り込む。退院後、自宅で発作的に自殺した。

樫野 暁彦

零と聖の実父。兄の妻である宵子との間に、零と聖の双子を授かる。双子が生まれる前にカーレース中の事故で他界した。零と同じく他人を惹きつける天性の魅力があり、兄崇之が厳しく育てられたのとは反対に、父親から溺愛され自由奔放に育てられた。

零の元カノ。零や聖と同じ中学に通っていた美少女。学校や家でもアイドルのような扱いをされるため、ワガママで自己中心的な性格。最初は聖と付き合っていたが、徐々に零に気持ちが傾き乗り換える。零が精神科に送ら... 関連ページ:桜沢 しおり

竹邑 修一

零の中学時代の友人。聖と同じ美術部に所属していたことから、零としおりを入れた4人でいつも一緒にいた。屋上から飛び降りようとする聖を最初に発見した人物でもある。聖が自殺した本当の理由を知りたいと望み、いまだに心が整理できずにいる。聖や零を失ったしおりを、近くで支えてきた。

片山 明高

零の先輩レーサー。レース中の事故で右足を失い現役を引退。現在は零の監督としてその才能に賭けている。零を弟のように想い、刹那的に生きる零の危うさをいつも案じている。

片山 響子

明高の妻。世界グランプリで走っていたこともあり、並の男より速く優秀なライダーとして知られている。零や聖のことを以前から知っており、辛い体験をしてきた零を姉のように心配している。8耐で零のパートナーを務めたのを最後に現役を引退。妻として、右足を失った夫を支えていくことにした。

心理療育センターに勤めており、零や零の母親を診ていた。母親の自殺現場に遭遇した零たちの将来を案じて、虚構の記憶を植え付けるよう父親に助言する。零が幼い頃の記憶が曖昧なのもそのせいであり、母親の死因も白... 関連ページ:零のカウンセリング医師

奥田

零を案じる刑事。生活安全課の少年係で、荒れていた頃の零を良く知る人物。桐島が零に対して異常な関心を抱いていることをいち早く感知し、警戒するよう零に忠告する。

浜崎

西高の不良。先輩に対しても態度のデカイ零に目をつけ、集団で襲いにかかる。しかし、両腕を縛られた零に徹底的にやられてしまいあっさり負けを認める。それ以降、零やキラから浜ちゃんと呼ばれ親しまれている。卒業後は実家の運送屋を手伝っている。

椎名 苑子

崇之の恋人。不器用な崇之に代わって、零の様子を見に行ったり、実家に帰るよう説得している。

キラの継父。製鉄所を運営しており、世間では真面目で温厚な人物だと評判。ボランティア活動にも熱心で地域の名士として知られているが、血のつながらないキラに欲情し強姦を行っていた。一度は離れて暮らしていたが... 関連ページ:キラの継父

その他キーワード

MARS

『MARS』に登場する石像。美術室に飾ってある石像。神話にでてくる戦いの神マルス。ノストラダムスの予言で1997年に世界を支配すると言われており、世界の終りについてキラと零が会話を交わすキッカケとなった。マルス像に口づけする零を見たキラは、一気に魅了されてしまう。

SHARE
EC
Amazon
logo