O.B.

O.B.

中村明日美子の代表作であり劇場アニメ化もされた『同級生』と、続編の『卒業生』、スピンオフの『空と原』に登場するキャラクターたちのその後をオムニバス形式で描く。高校を卒業した草壁光と佐条利人、教師であった原学とその元生徒である青砥空乃、原が過去思いを寄せていた有坂とその教え子・響といったキャラクターを軸に、彼らの周囲の人物たちにも焦点を当てていく。「OPERA」vol.32(2012年4月)からvol.42(2013年12月)に掲載された11編に加え、コミックス刊行にあたり描き下ろしも1編加えられている。

正式名称
O.B.
作者
ジャンル
BL
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

東京からバイクを走らせ、京都にいる恋人の佐条利人を訪ねた草壁光。ところが、佐条の反応が芳しくない。彼は、草壁が来る日を1週間勘違いしていたと言う。忙しそうな様子を見て、「帰ろうか?」と尋ねる草壁だったが、佐条はいて欲しいと答える。大学の授業の準備をする佐条と、その世話を焼く草壁のゆっくりとした時間が流れていく。

登場人物・キャラクター

佐条 利人

男子校時代の同級生である草壁光と遠距離恋愛中の大学生。京都の古めかしい日本家屋で一人暮らしをしている。内向的だが、新歓コンパで新しい友人を作るくらいの社交性は持っている。恋人である草壁が遊びに来ていても大学の発表準備を進めるなど、真面目な性格。料理は苦手。

草壁 光

男子校時代の同級生である佐条利人と遠距離恋愛中の青年。高校を卒業後、東京でバンド活動を続けながらバイクで京都にいる佐条を定期的に訪ねている。「元々、草壁光は男性が好きだったわけではないのかもしれない」、と佐条に分析されるものの、今では彼一筋。料理が得意。

原 学

男子校で音楽教師を務める男性。教え子であった青砥空乃と付き合っているが、肉体関係はまだない。以前はネコであったが、現在はタチであることから空乃と関係の上下を争っている。若くして母親を亡くしており、70歳になる父親には自身がゲイであることを伝えられずにいる。

青砥 空乃

アルバイトをしながらファッションモデルとして活躍中の青年。タチである原学と付き合っているものの、自分が関係においては上であるという姿勢を崩さない。中学生の時に、同級生の野球少年「フジノ」に片思いをしていた。自身がゲイであるということを親に告白するつもりはない。

SHARE
EC
Amazon
logo