SAMURAI 7

SAMURAI 7

原作は黒澤明の名作時代劇『七人の侍』。映画公開から50年を記念して製作された。ストレートなアニメ化ではなく、舞台を未来宇宙に変え、サイボーグ野伏との戦いを描く。また原作では描かれなかった、野伏との戦いの後も描写された。最初の放送は有料チャンネルであるパーフェクト・チョイス。のちに地上波でも放送された。キャラクターデザインにイラストレーターの草彅琢仁を起用し、中央アジアの民族衣装を思わせる農民服のデザインで、作品世界にエキゾチックな雰囲気を与えることに成功した。

正式名称
SAMURAI 7
ふりがな
さむらいせぶん
原作者
制作
GONZO
監督
滝沢 敏文
放送期間
2004年6月11日 〜 2004年12月24日
放送局
CS
話数
26話
ジャンル
SF一般
 
アクション一般
関連商品
Amazon 楽天

概要

長く続いた大戦が終わり、世界はサムライの支配から商人の支配へと移り変わろうとしていた。戦場からあぶれたサムライは、あるものは浪人となり職を求めて都へ上り、あるものは野伏となって弱い農民から簒奪を繰り返していた。

神無村の巫女キララは野伏と戦ってくれるサムライを求めて都へ。そこでキララは押し込み強盗を見事な手腕で退治するサムライ、島田カンベエと出会う。

島田カンベエの腕に惚れ込んで弟子を志願する岡本カツシロウ、ひょんなことから知り合ったサイボーグサムライ、キクチヨらとともに、腕の立つサムライを求める日々がはじまる。

登場人物・キャラクター

主人公

『SAMURAI7』の登場する主人公のひとり。原作の島田勘兵衛にあたる。サムライ側の主人公で、7人のサムライのリーダー格。歴戦のサムライで腕が立ち、頭も回る。最初はキララの誘いを「負け戦しかしたことが... 関連ページ:島田 カンベエ

主人公

『SAMURAI7』の登場する主人公のひとり。農民側の主人公。神無村(かんなむら)の水分り(みくまり)の巫女。水脈を見つけるダウジング能力があり、都でもダウジング用の水晶でサムライをさがす。 身体に爆... 関連ページ:キララ

原作の岡本勝四郎。名家の出だが、武者修行中の若ザムライ。島田カンベエの腕にあこがれ、弟子入りを志願するが断られる。その際、キララたちのサムライ探しを知り、義侠心から同行を申し出る。 腕はそれなりだが、... 関連ページ:岡本 カツシロウ

原作の菊千代にあたる。機械の体を持つサムライ。その体は規格外の改造を施されており、首を飛ばされても生きている。サムライを自称しているがその出自は怪しく、サムライの証として所持している家系図は他人のもの... 関連ページ:キクチヨ

原作の片山五郎兵衛にあたる。サイボーグをしのぐ動体視力と俊敏さの持ち主。至近から放たれた矢を体に届く前に掴んで防ぐほどの腕前。岡本カツシロウにその話を聞いた島田カンベエは、物陰から不意打ちしてその腕を... 関連ページ:片山 ゴロベエ

原作の久蔵にあたる。都の商人アヤマロの護衛をしていた二刀流の達人。最初は敵対し島田カンベエと切り結ぶが、その腕前を島田カンベエに認められ、神無村行きに誘われる。剣の腕では島田カンベエを上回り、「儂の腕... 関連ページ:キュウゾウ

原作の林田平八にあたる。食い詰め浪人として都に上がってきたが、剣の腕は確か。食事代代わりに薪割りをし、その際に作った楊枝の見事さから島田カンベエが興味を持った。片山ゴロベエに誘われて隠れ家に来たところ... 関連ページ:林田 ヘイハチ

原作の七郎次にあたる。大戦時は島田カンベエの副官で、島田カンベエ曰く「古女房」。島田カンベエの求めに応じて7人に加わる。大戦が終わってからは遊興街癒しの里の料亭蛍屋の女将ユキノに助けられ、太鼓持ちとし... 関連ページ:シチロージ

キララの妹。姉とともに都へ上がり、サムライ探しを手伝う。その実は、ただ町が見たかったから。キクチヨを気に入って子分にする。 関連ページ:コマチ

都の豪商アヤマロの道楽息子。しかし、その正体は都の支配者・天主のクローン。街で見かけたキララを気に入り、配下に拉致させる。後に天主の課した試練を潜り抜け後継者とされるが、天主を殺害しとってかわる。 新... 関連ページ:ウキョウ

クレジット

原作

黒澤明

監督

シリーズ構成

作画監督

橋本英樹

音楽

和田薫 ,林英哲

アニメーション制作

GONZO

SHARE
EC
Amazon
logo