T・E・ロレンス

T・E・ロレンス

第一次世界大戦の時代、トルコからのアラブ独立戦争において、独立支援国のイギリスからアラブ側に軍事顧問として派遣され、後に「アラビアのロレンス」と呼ばれたトーマス・エドワード・ロレンスの生涯を描いた歴史ロマン作品。

正式名称
T・E・ロレンス
作者
ジャンル
伝記
 
第一次世界大戦
関連商品
Amazon 楽天

概要

幼少期から変わり者と言われたトーマス・エドワード・ロレンスは、卒業論文のため単身でアラブの地、ユーフラテス川沿いを訪れ、九死に一生を得る。無事に卒業したロレンスは、ホーガス博士とウーリー博士の2人の考古学博士に導かれ、再びアラブの地、カルケミシュを訪れ、アラブ独立戦争に情熱を注ぐハムディと出会う。

アラブへの思いとハムディへの想い、そして恩師ホーガス博士への思いの狭間で苦しみながらも、列強三国の思惑が絡む中、アラブ独立に心血を注ぎ、「勇者(エル)・オレンス」と呼ばれアラブ人からも慕われていく。

登場人物・キャラクター

主人公

英国の准男爵家チャプマンの血を引くが、私生児であることから、卑屈な幼年時代を送った。大学の授業に殆ど出なかったため、卒業論文に全てをかけることになり、単身アラブへと旅立ち見事な論文を書き上げ卒業。恩師... 関連ページ:トーマス・エドワード・ロレンス

トーマス・エドワード・ロレンスの恩師。オックスフォードの歴史の教師で、考古学博士。ウーリー博士とともに大英博物館の考古学発掘隊の団長として、ユーフラテス・カルケミシュにロレンスを伴う。後にアラブ独立戦... 関連ページ:ホーガス博士

オックスフォードの教師。ホーガス博士とともに大英博物館の考古学発掘隊の団長として、ユーフラテス・カルケミシュにロレンスを伴う。第2回以降の発掘隊団長となり、軍事的調査などにもロレンスとともに参加。後に... 関連ページ:レナード・ウーリー

オックスフォード時代からのロレンスの同級生。体が弱くいつもロレンスに守られていた。密かにロレンスを慕っていたが、そのことに自身が気づいていなかった。ロンドンへ戻るたびにロレンスを気遣い、唯一心を許した... 関連ページ:クリス

カルケミシュでの大英博物館の考古学発掘隊に雇われた人夫頭。アラブ独立戦線のためのシリアの秘密結社のリーダー格。周辺の国々に脅かされ続けるアラブが「いずれ反乱を起こし、予言者の末裔はいずれメッカに戻る」... 関連ページ:ハムディ

カルケミシュで大英博物館の考古学発掘隊に雇われた、ロレンスの給仕係のアラブ人の少年。ひたすらロレンスを慕う。とても利発で読み書きや計算もでき、アラブ独立戦線の最中、自分にできることで貢献しようと、トル... 関連ページ:ダフーム

シェリフ・フセインの三男。ワディ・サフラに滞在。通称エミール(王子)・ファイサル。ハムディが信頼し仕える指導者。予言者のようにアラブ軍を仕切る資質を備え、気高くカリスマ性を持つ。「ロレンス」と発音でき... 関連ページ:シェリフ・ファイサル

ハリト族の若き族長。エミール・ファイサルの一番のお気に入り。ウェジ攻略でアラブ軍の指揮をとる。当初はロレンスと反目したが、徐々に信頼関係を築く。ロレンスともにアラブ軍を率いるファイサルに従い、メッカか... 関連ページ:アリ・イブン・エル・フセイン

ホウェイタット族の族長。ハリト族のアリの策略で「色白美人」のロレンス見たさにエミール・ファイサルのもとを訪れ、アカバ攻略の要となるネフド砂漠越えに協力を約束。ファイサル軍に従い、メッカからアカバ、ダマ... 関連ページ:アウダ・アブ・タイ

英国陸軍情報部大佐。アラブ独立戦線支援の前に、ロレンス及びウーリー博士に対し、「モーゼの足跡をたどる(死海からアラバ峡谷を越え、アカバ港に達しシナイを抜ける)極秘調査」への協力を要請。ロレンスのアラブ... 関連ページ:ニューカム大佐

アラブ独立戦線支援のため英国陸軍が新設した専門部署アラブ局の情報局長。ロレンス及びファイサル軍にメディナ守備を命じる。ロレンスが勝手にアカバを攻略した際には、叱るよりまず食糧と金の補給を指示するなど理... 関連ページ:クレイトン准将

カイロ滞在の外務省付きの高官。ロレンスとは顔見知り。シェリフ・アブドゥラと親しく、アラブ局への転属が決まったロレンスに頼まれ、フセイン王及びその子息たち(アリー、アブドゥラ、ファイサル)と会う段取りを... 関連ページ:ストーズ

通称大シェリフ。マホメットの末裔でメッカの太守(知事)。アラブをまとめる人物で、トルコに反旗を翻す。アリー、アブドゥラ、ファイサル、ゼイドの4人の子があり、主にファイサルが独立軍を率い、メッカ、ダマス... 関連ページ:シェリフ・フセイン

シェリフ・フセインの長男。ストーズ及びアブドゥラの仲介で、シェリフ・フセインの許可を得たロレンスを出迎え、ファイサルのもとに向かわせてくれる。おとなしめで品のいい男。何事も父王に従い、争いを好まないた... 関連ページ:シェリフ・アリー

シェリフ・フセインの次男。ストーズが懇意にしている。ロレンスの要請をシェリフ・フセインに諮り、ファイサルに取り次いでくれる。温和だが少々ひがみっぽい。ハムディの能力は買っていたが、「ファイサルにだけよ... 関連ページ:シェリフ・アブドゥラ

ロレンスの父。准男爵のチャプマン家の血を引く。家庭教師だったセアラと不倫関係となり駆け落ち。正式に離婚が認められないまま、チャプマンの姓を捨てロレンスを名乗る。ロレンスにとっては「チャプマンの私生児」... 関連ページ:トマス・R・ロレンス

ロレンスの母。元はチャプマン家に雇われた家庭教師で、敬虔なクリスチャンであったが、ロレンスの父トマスと不倫関係となり駆け落ちする。正妻との離婚が成立しないため、男ばかりの5人の子供(ロバート、ロレンス... 関連ページ:セアラ

第一次世界大戦中の英国側のアラブ独立軍支援部隊の司令官。英国軍がヨルダン峡谷の低地に主攻撃をかけると信じ込ませるため、ロレンスたちアラブ軍にへジャーズ鉄蔵の破壊工作などの陽動攻撃を命じる。勝手な行動を... 関連ページ:アレンビー司令官

集団・組織

アラブ局

『T・E・ロレンス』の登場する、英国陸軍が設置したアラブ独立戦線支援のための専門部署。シェリフ・フセインが反旗を翻したことで英国がアラブ支援を決め、外務省直下に新設された。クレイトン准将を司令官とし、... 関連ページ:アラブ局

SHARE
EC
Amazon
logo