TOUGH

父の宮沢静虎と、その兄の宮沢鬼龍の死闘から2年。実戦的古武術流派である灘神影流活殺術の第15代当主となった宮沢熹一は、廃人と化した父親の治療費を捻出するため、闇試合(ダークファイト)に出場。様々な格闘家と戦いながら、多額のファイトマネーを得て格闘技の経験を積んでいく。『高校鉄拳伝タフ』の直接的な続編で、猿渡哲也の代表作品のひとつ。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
TOUGH
作者
ジャンル
格闘アクション
 
総合格闘技

総合スレッド

TOUGH(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

宮沢 鬼龍(TOUGH)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04
宮沢 静虎(TOUGH)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:04

新着関連スレッドもっとみる

概要

父の宮沢静虎が、その兄の宮沢鬼龍に敗れ、廃人となって2年。19歳のたくましい青年となり、実戦的古武術流派である灘神影流活殺術の第15代当主となった宮沢熹一は、関東道城会系新藤組組長の新藤力丸と手を組み、彼が主催する闇試合(ダークファイト)のリングに立っていた。巨額の賭け金が動き、法外なファイトマネーを得られる代わりに、たったひとつの禁じ手以外は何でもあり。

敗北すれば死もあり得る危険な試合に、あえて身を晒す熹一。それは、廃人と化した父を復活させる資金を捻出するため、そして宮沢鬼龍を打倒する力をつけるためだった。熹一はスーパーヘビー級のバーリトゥーダー、マンモス西田、セックスマシンガンズのケンゾーを危なげなく連破。

だが、素手で牛を解体する神父の九条シオンとの闘いでは、筋弛緩剤を飲まされたこともあり、苦戦を強いられる。それまでの闘いでは、父の教えを守り、決して殺意を抱こうとしなかった熹一だったが、思いがけず訪れた窮地と、突如会場に現れた宮沢鬼龍の存在、そして九条シオンの過去を知ったことにより、心が揺れ動く。

だが、殺人術のひとつである罪人固めを、すんでのところでほどき、九条シオンの命を奪うことはなかった。己の信念を貫いた熹一は、さらなる高みへと登るため、より激しい闘いを求め続ける。

登場人物・キャラクター

主人公
身長175㎝、体重75㎏。父であり、先代当主でもあった宮沢静虎が、その兄である宮沢鬼龍との戦いに敗れ、長期間の意識不明状態に陥ったことから、古武術の灘神影流活殺術の第15代当主を襲名。その後、父親の治...
宮沢熹一の育ての父であり、灘神影流活殺術の先代(第14代)当主。また、バトル・キング(宮沢尊鷹)の実弟で、宮沢鬼龍の双子の弟でもある。前作で宮沢鬼龍との死闘に敗れた後、植物人間状態になっていたが、当の...
ある意味では裏の主人公とも呼べる存在。灘神影流活殺術の使い手であり、宮沢尊鷹の実弟で、宮沢静虎の双子の兄。宮沢熹一にとっては、血縁はないが叔父にあたる。百万人に一人と言われる脚質、龍腿(ドラゴン・フッ...
バトル・キングは正体を隠すためのリングネームで、本当の名は宮沢尊鷹といい、ナバホ族のチャベスと名乗る男も同一人物である。宮沢鬼龍・宮沢静虎の実兄、宮沢熹一の叔父であり、本来なら灘神影流の14代当主にな...
宮沢熹一の実母で宮沢静虎の妻。他の男(日下部覚悟)との間にできた子を妊娠していることを知りながら求婚してくれた宮沢静虎の愛を受け入れ、結婚した。しかし、間もなく交通事故で死亡。奇跡的に助かった胎児は宮...
宮沢熹一の祖父であり、宮沢尊鷹、宮沢鬼龍、宮沢静虎の実父。見た目は小柄な好々爺といった風体だが、灘神影流活殺術の第13代当主である。若くして当主の重責を担った宮沢熹一を見守るため、また息子たちの壮絶な...
暴力団の関東道城会系新藤組の組長。闇試合(ダークファイト)の開催者で、宮沢熹一をアンダー・グラウンドに誘った張本人である。前組長だった父親が、何者かの襲撃を受けて植物人間になっており、似たような境遇か...
ハイパー・バトルのメインスポンサーを務めるローン会社ロードファイナンスの社長。別名金貸し道元と呼ばれ、闇社会や政財界に強い影響力を持っているという。金に対して異様な執着を見せ、金さえあれば何でもできる...
柳場道元が出資する格闘技集団、チームDの専属ドクターで、マッドサイエンティスト。筋肉に対して偏執的な関心を持つことから筋肉偏執狂と呼ばれている。チームD所属の格闘家たちを、まるで実験動物のように扱い、...
アメリカの闇社会を牛耳る人物で影の大統領と呼ばれる。ハイパー・バトルの主催者であり、賭けに勝つために試合を裏で操作している。とくに宮沢熹一と闇猿(ダークモンキー)の戦いでは、仕込んだ電流装置を遠隔操作...
影の大統領と呼ばれる闇社会の実力者ドン・ガンビーノの実弟で影の副大統領。兄が宮沢鬼龍によって負傷させられると、躊躇なく兄の座を奪い、闇社会のドンとなった。こうした兄以上の冷酷な性格からアイスハートとも...
日本で興行している総合格闘技イベント、モンスター・ウォーズの主催者であり、日本の闇社会に強い影響力を持つフィクサーでもある。かつて、ファントム・ジョーに手足をちぎり取られ、顔の皮膚を剥がされるという凄...
世界各地にネットワークを持ち、様々な格闘家を興行団体に売り込む代理交渉人で、本名は大江万次郎という。ブル・マツダのような客受けしない格闘家を、平気で捨て駒扱いする腐った性根の持ち主。御子神銀次が主催す...
48時間耐久セックスを完遂し、並外れた性欲と狂暴性で知られる格闘家兄弟、セックスマシンガンズの弟のほうで、兄の名はケンゴという。闇試合(ダークファイト)で宮沢熹一と対戦した。ファイトスタイルはボクシン...
悪魔を滅ぼすために戦い続ける神父で、闇試合(ダークファイト)で宮沢熹一と対戦した。右手小指の中手骨が異常発達しており、パンチで肉をこそぎ取ることが可能。その破壊力は素手で牛を解体してしまうほどであり、...
琉球唐手(首里手)恩納流の使い手で、鋭利に研ぎ澄まされた手足の爪を凶器とすることから人差し指のゲンの異名をとる。闇試合(ダークファイト)で宮沢熹一と知り合い、会場に宮沢鬼龍が現れると自ら進んで下僕とな...
空手道石心空手の女館長。道場破りに来た宮沢熹一と知り合い、その後、ハイパー・バトル予選で再会した。父親を死に追いやった新堂万次と戦おうとするが、あまりの力量差に宮沢熹一に止められる。当初は宮沢熹一のこ...
関節技を得意とする新堂流体術の使い手。過去に宮下和香の父と対戦し、新堂流の流儀として、完膚なきまでに痛めつけ、自殺に追いやった。ハイパー・バトル予選で宮沢熹一と対戦し、激しい関節技の応酬を繰り広げたが...
帯刀流棒術の宗家。過去に宮沢鬼龍によって視力を奪われたが、その後の鍛錬で聴覚と嗅覚が研ぎ澄まされ、視力があったときよりも鋭敏な感覚を手に入れた。五尺の杖を変幻自在に使いこなすその様から盲目の奇術師の異...
小枝でも容易に相手の肉体を切り裂く円月流剣術の使い手。ハイパー・バトル予選で宮沢熹一と顔を合わせ、予選終了後、電車で帰途に就く宮沢熹一と戦った。セラミックで作られた超日本刀を巧みに操り、15年の歳月を...
灘神影流とルーツを同じくする覇生流体術の師範代で、風のミノルの異名を持つ。覇生流秘儀風当身を会得している実力者で、覇生流と対立する灘神影流への刺客として、宮沢熹一のもとへ送られる。が、本人的には単に「...
アブダビコンバット88㎏以下級、及び無差別級のチャンピオン。先天性の重度聴覚障碍者で、言葉も話せないため聾唖のジェットという別名を持つ。幼少の頃にシングルマザーだった母親に死なれ、ストリートチルドレン...
柳場道元がオーナーを務めるチームDのリーダーで、寝技フリークスの異名を持つ。宮沢静虎とともにチームDの代表としてハイパー・バトル本選に参戦。しかし、あまりの強豪ぞろいに恐れをなし、立川が作成した危険な...
ドン・ガンビーノが使役する猿に育てられた人間で、眼球が異様に肥大化・突出しているほか、動物的な運動能力を有している。ドン・ガンビーノの尖兵として、ペ・ヨンベを場外で襲撃。そのリザーバー(代役)としてハ...
アマチュアレスリングから総合格闘技に転向した巨漢の男。ジャンボジェット機を人力で引っ張り、コンクリートの壁をタックルで破壊するという剛力の持ち主だが、長年の不摂生と練習不足により、格闘家としての力量は...
優れた身体能力と格闘センス、それにたゆまぬ努力を続けられる精神力を備えたサムライ・プロレス所属のネオ・プロレスラー。プロレスラーだった父の影響で、自身がプロレスラーであることに強い誇りとこだわりを持っ...
御子神銀次に仕える元ヤクザの空手家。妹が、組長によって薬物漬けにされた挙句、自殺に追い込まれたことから、組長を半殺しにし、破門された過去を持つ。御子神銀次によって宮沢熹一と引き合わされた際に飛電蹴りで...
灘神影流とルーツを同じくする幽玄真影流の前当主。作中ではすでに故人となっている。玄腿(モンスター・フット)の持ち主だけが会得できる最高の当身(打撃技)、幻突の達人で、両手を後ろ手に組んだまま放てたと言...
御子神銀次を襲撃した神出鬼没の格闘家。宮沢鬼龍と相対したときに自らを日下部丈一郎と名乗るが、その正体は日下部丈一郎の最後の弟子、金城剣史である。幽玄真影流朦朧拳で、宮沢鬼龍に瀕死の重傷を負わせて勝利。...
日下部丈一郎の実子で、灘神影流とルーツを同じくする幽玄真影流の現当主。だが、20年前に幽玄真影流を解散し、以後、1人で世界各国を放浪している。また、宮沢熹一の実父で、人身売買組織に拉致された宮沢喜恵を...