「魔法少女まどか☆マギカ」の魔法少女論833 Pt.

2010年にテレビアニメの放送が開始され、「まどマギ」の愛称で一躍社会現象にまでなった「魔法少女まどか☆マギカ」。
日本のアニメ界には数えきれないほどの魔法少女もののアニメが存在しますが、この「まどマギ」はいったい何がそこまで受けたのか。
ここでは本作のことをあまり知らない人向けに「まどマギ」をご紹介します。

作成日時:2016-05-01 12:00 執筆者:マンガペディア公式

「まどマギ」の魅力

・斬新なストーリー

他の魔法少女アニメと本作が一線を画す一番大きな要素とも言えるのが、その斬新なストーリー設定です。「魔法の天使クリィミーマミ」や「プリキュア」シリーズなど、魔法少女というくらいなのでほとんどの作品はその魔法によって主人公たちが起こる事件や問題を解決していく様子が描かれますが、まどマギは違います。主人公のまどかが魔法少女に変身するのは物語最終盤、ストーリーのほとんどは、まどかやその友人たちがいかにして魔法少女になるのか、その点に比重が置かれて展開されます。
作中では少女たちは魔法少女になることで願いをひとつ叶えることができますが、その代償として自らの命をグリーフシードというアイテムに預けなくてはなりません。魔法少女であると同時にただの中学生である彼女たちは、その間で悩まされることになります。
何かを得るためには、何かを失わなくてはいけない。非常に重いテーマとして作中に横たわります。

・精鋭のスタッフ陣

ダークな世界観に相反し、まどマギはその可愛らしいキャラクターデザインも当時から話題をあつめました。
デザインを担当したのは、「ひだまりスケッチ」などの作品で知られる蒼樹うめ氏。
ストーリーと作風からして、ともすればデザインが浮いてしまいそうですが、本作では全くそれを感じさせず見事にマッチさせています。
脚本を手掛けたのは、「Fate/Zero」の虚淵玄氏、監督は新房明之氏と、一流のスタッフを揃えた点からも本作の本気度が窺えます。


いかがでしたか?
可愛らしい見た目とは裏腹に後半になるにつれ、重く、辛い展開が待ち受けていますが、それ故にヒットしたのだと思われます。
作品は1クール、全12話と観やすいので、観たことがないという人は、連休中に観てみてはいかがでしょうか。

関連ガイド

ランキング

2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!!

2017年春アニメ番組の視聴意向を発表!!

  • 1,236 Pt.
  • 公開日時:2017.03.22 15:00

もっとみる

ピックアップ

『このすば!2』3大問題児ヒロインがセットのフュギュアになって登場!

『このすば!2』3大問題児ヒロインがセットのフュギュアになって登場!

セルゲーム時の「人造人間18号」が3月9日(木)より予約受付開始!

セルゲーム時の「人造人間18号」が3月9日(木)より予約受付開始!

4/8より放送『エロマンガ先生』最新キービジュアル・PV解禁!

4/8より放送『エロマンガ先生』最新キービジュアル・PV解禁!

巨乳でツンデレなキャラ7選!!

巨乳でツンデレなキャラ7選!!

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!