高層ビルの多い町!東京品川が舞台の漫画特集12 Pt.

品川区のイメージといえば、巨大なビルが立ち並ぶ品川・五反田・大崎などのオフィス街の印象が強い方が多いのではないでしょうか。その一方で戸越銀座など下町感溢れる地域もあり、住民満足度が高い住みやすい区としても知られています。かつては品川宿として多くの旅人の行き交う土地でもありました。そんな品川区を舞台にした漫画作品をご紹介します。

作成日時:2015-12-22 19:36 執筆者:マンガペディア公式

『爆音列島』

1980年代の品川区を主な舞台として、暴走族に加わった少年の生活を描く。

『浮浪雲』

幕末の江戸・品川宿で問屋の頭を務める飄々とした男・雲を主人公とした、人情歴史ドラマ。

『仕掛人藤枝梅安』

裏稼業で殺人を請け負う鍼医者・藤枝梅安を主人公とする時代劇。梅安の診療所は品川台町にあるとされている。

関連ガイド

ランキング

もっとみる

ピックアップ

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

2018年「蒙古襲来」!? 『アンゴルモア〜元寇合戦記〜』PV公開!!

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

天才キャラたちと実在する人物のIQを比較してみた

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

ハーレムアニメから学ぶモテ男の条件

logo

いいね!・フォローしてマンガ・アニメのニュースを受け取ろう!