あの日に逢いたい

あの日に逢いたい

中学生や高校生の男女の、せつない恋愛模様。恋愛に興味のない、冷めた性格の少女の初恋を描いた表題の「あの日に逢いたい」を含む、4つのエピソードを集めたオムニバス作品集。「マーガレット」1987年22号から1989年No.10にかけて不定期に掲載された作品。

正式名称
あの日に逢いたい
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
マーガレットコミックス(集英社)
巻数
全1巻
関連商品
Amazon 楽天

あらすじ

あの日に逢いたい

引っ越して来たばかりの土地での高校の入学式。緊張して入学式をさぼってしまったしのぶは、やはり入学式に出ていなかった大内将二と出会った。同じクラスになった将二は、留年しているため他の生徒からは浮いた存在だった。しのぶは将二が落としたタバコとライターを咄嗟に足で踏んで、教師から隠したことがきっかけで、彼と関わることになる。

眠れない春

女子高校生の袴田郁子は、1つ年下の泣き虫の弟の袴田涼を可愛がっていた。全寮制の中学に進学した涼が3年ぶりに帰って来るが、あんなに仲が良かった涼は、クールで感じの悪い男になっていた。

AM8:02の神話

毎朝同じ通学電車で通う冴えない女子高生の根占優紀と、ハンサムな男子高校生の青山史生。電車で女性に告白された史生は、傍らにいた優紀を彼女だと嘘をつく。突然、疑似彼女ながら、憧れの史生と付き合うようになった優紀は、嬉しさを隠しきれない。

雨の中の君へ…

憧れの美少女の岩野瞳から呼び出され、有頂天になる吉森浩介だったが、瞳の隣には地味で冴えない羽部るかが立っていた。瞳は浩介に片想いをしているるかを紹介し、浩介は瞳と近づくために、好きでもないるかと付き合い始める。

登場人物・キャラクター

しのぶ (シノブ)

エピソード「あの日に逢いたい」に登場する。1年8組の女子生徒。ポニーテールの可愛らしい外見をしている。人を好きになったことがない冷めた性格のため、友人の和恵に恋愛相談をされても、気のない返事しかできなかった。しかし同じクラスになった大内将二が落としたタバコとライターを、咄嗟に踏んで教師から隠したことがきっかけで、彼に興味を持ち始める。 中学時代は千葉に住んでいて、高校進学のため神奈川に引っ越して来たため、高校ではまだ友達が少ない。父親は亡くなっており、しのぶの母と二人暮らしをしている。

袴田 郁子 (ハカマダ イクコ)

エピソード「眠れない春」に登場する。ストレートのロングヘアの明るく元気な女子高校生。泣き虫の弟の袴田涼を可愛がっていて、彼が3年の寮生活を終えて帰って来るのを楽しみにしていた。しかし涼があまりにも変わっていたため、どう接すればいいかわからなくなる。そんな時、袴田真佐子から、涼が本当の弟ではないことを知らされてさらに混乱し、クラスメイトの法美や増田に相談する。

根占 優紀 (ネジメ ユウキ)

エピソード「AM8:02の神話」に登場する。2年D組の女子生徒。真っ黒な髪を三つ編みのお下げにし、前髪は眉毛よりかなり上でまっすぐに切りそろえているダサめの女の子。石橋を叩いて渡る、臆病で真面目な性格。毎朝同じ新百合ヶ丘8時2分発の準急電車で青山史生と同じ学校に通っている。告白される現場にたまたま居合わせたため、カモフラージュ用の疑似彼女にさせられてしまう。

吉森 浩介 (ヨシモリ コウスケ)

エピソード「雨の中の君へ…」に登場する。ごく普通の中学3年の男子生徒。可愛くて人気のある岩野瞳から突然呼び出され、期待して出かける。しかし、瞳から冴えない羽部るかを紹介されてがっかりする。それでも、瞳に近づけるという理由で、るかとの交際を承諾する。

大内 将二 (オオウチ ショウジ)

エピソード「あの日に逢いたい」に登場する。1年8組の男子生徒。バイク事故のため留年していて、他のクラスメイトより1つ年上。教室で落としたタバコとライターを、同じクラスのしのぶが足で踏んで隠したことをきっかけに、彼女を気にするようになる。夜は酒を出す店で働いており、永田和夫など前の学年の友達と一緒にいることが多い。

永田 和夫 (ナガタ カズオ)

エピソード「あの日に逢いたい」に登場する。高校2年の男子生徒。大内将二の友達で、留年した将二と学年が変わっても親しく、公私にわたり一緒にいることが多い。丸眼鏡をかけていてフランクな性格。永田和夫の自宅は、同学年の仲間たちのたまり場になっている。

しのぶの母 (シノブノハハ)

エピソード「あの日に逢いたい」に登場する。しのぶの母親。肩までのふわりとした髪型で、すこしきつい印象の女性。母一人子一人のため、近所の噂になるのを恐れ、しのぶに品行方正を求めている。しのぶが夜に外出することも禁止している。

和恵 (カズエ)

エピソード「あの日に逢いたい」に登場する。1年8組の女子生徒。しのぶの友達。ロングヘアーのごく普通の女の子。しのぶに恋愛相談をするが、あまり真剣になってもらえなかった。しかし、しのぶが隠れて大内将二と付き合い始めてからは、その違和感に気づいて心配する。1年8組の教室に、先輩の永田和夫が頻繁に訪れるのを嫌だと感じている。

春江 (ハルエ)

エピソード「あの日に逢いたい」に登場する。大人っぽい雰囲気の女性。真ん中で髪をわけたロングヘアー。以前、大内将二に新宿でナンパされ、将二に興味を持つ。永田和夫経由で、将二に連絡を取って再会する。

袴田 涼 (ハカマダ リョウ)

エピソード「眠れない春」に登場する。袴田郁子の1つ年下の弟。全寮制のK大付属中学で、3年間を寮で過ごし、3年ぶりに帰宅した。高校は郁子とは別の男子校に進学している。勉強が良くできてクールな性格。増田が郁子に好意を抱いていることを、面白くないと思っている。小学生の時に、袴田真佐子から本当の家族ではないことを告げられ、家を出る決心をした。 それ以来、郁子に淡い恋心を抱いている。

増田 (マスダ)

エピソード「眠れない春」に登場する。袴田郁子と同じ高校の男子生徒。郁子が好きなことを隠すことなく、明るく能天気な性格。袴田涼いわく、脳が筋肉でできていそうな男。黒髪のツンツンヘアで、スポーティな外見。空手をやっていて、腕っ節は滅法強い。郁子から涼が本当の弟ではなかった事実を告げられ、相談される。

袴田 真佐子 (ハカマダ マサコ)

エピソード「眠れない春」に登場する。袴田郁子の母親。袴田涼が小学生の時に、涼は本当の子供ではなく、郁子の父親の大学時代の親友の息子で、夫婦が事故で死亡したため、涼を引き取ったことを告げた。しかし郁子にはこの事実を伝えておらず、涼が戻ったのを機に、郁子にも真実を伝える。

法美 (ノリミ)

エピソード「眠れない春」に登場する。袴田郁子のクラスメイトの女子生徒で、郁子の親友。毛先がふわりとしたボブヘアで、可愛らしい女の子。郁子から袴田涼が本当の弟ではなかった事実を告げられ、相談される。

青山 史生 (アオヤマ フミオ)

エピソード「AM8:02の神話」に登場する。2年D組の男子生徒。綺麗な顔をした目立つハンサムで、いつも電車で女の子に囲まれている人気者。毎朝同じ新百合ヶ丘8時2分発の準急電車で根占優紀と同じ学校に通っている。多くの女性にプレゼントをもらったり、告白されたりしているが、本人は鬱陶しく思っている。騒がれるのが嫌で、とっさにその場にいた優紀を、彼女だと周囲に告げる。

まゆ子 (マユコ)

エピソード「AM8:02の神話」に登場する。2年D組の女子生徒で、根占優紀の友人。ショートカットでスポーティな外見。青山史生に憧れる1人でもある。優紀を羨ましがり、ダミーでもカモフラージュでいいから、史生と付き合ってみたいと思っている。

岩野 瞳 (イワノ ヒトミ)

中学3年生の女子生徒。エピソード「雨の中の君へ…」に登場する。中学でも指折りの人気の美少女。2、3年で吉森浩介とは同じクラスだったので、幼なじみで親友の羽部るかを浩介に紹介する。最近、委員会で一緒になったB組の男子生徒と付き合い始めた。

羽部 るか (ウベ ルカ)

エピソード「雨の中の君へ…」に登場する。中学3年生の女子生徒。存在感のない大人しい女の子で、黒髪を肩より少し上で切り揃えている。一人っ子で人付き合いが苦手だが、幼なじみの岩野瞳とだけは親友関係を築いている。吉森浩介にずっと片想いをしていが、瞳の計らいで浩介と付き合い始める。

成田 (ナリタ)

エピソード「雨の中の君へ…」に登場する。中学3年生の男子生徒。パーマがかかったようなくるんとした髪型で、軽い性格の少年。吉森浩介の友人で、休み時間や帰り道も一緒で、互いの家にも行く仲。浩介が羽部るかと付き合うようになった顛末を聞く。作中では、「城田(しろた)」と呼ばれることもある。

ユキエ

エピソード「雨の中の君へ…」に登場する。中学3年生の女子生徒。羽部るかと同じクラスの女の子。人の好いるかに、歯医者に行くと嘘をついて当番を変わってもらった。実際は友達と遊びに行っており、その姿を吉森浩介と成田に見られてしまう。

書誌情報

あの日に逢いたい 全1巻 集英社〈マーガレットコミックス〉 完結

第1巻

(1989年10月発行、 978-4088495767)

SHARE
EC
Amazon
logo