うちが女神じゃ!!

うちが女神じゃ!!

あと1敗で廃部となる弱小ラグビー部主将が、「勝利の女神」と名乗る幽霊の少女に応援されながら勝利を目指す青春コメディ短編。

概要

焼畑農業高校ラグビー部は善戦するが最後には負け、現在999連敗中。あと1敗の1000連敗目で廃部とする校長の決定が下り、監督も廃部の覚悟を決めた。あきらめムードの漂う中、主将の完吾だけが勝利を信じ、奮起していた。そんな完吾の前に、試合ごとに見えていた不思議な少女が姿をあらわす。幽霊となってチームを応援し続けてきた少女・月子と、999連敗中もチームの勝利を信じて奮起するラグビー部主将・完吾の交流が描かれる。

登場人物・キャラクター

完吾

999連敗中で、あと1敗の1000連敗で廃部となる焼畑農業高校ラグビー部主将。負けん気の強い性格でワンマンプレーを好む。善戦するもあとワントライが届かずに負けるチームを歯がゆく感じている。試合のたびごとにあらわれる月子のことを不思議に思う。

月子

焼畑農業高校ラグビー部初代マネージャー。生まれつき心臓が悪く、創立後11戦目の応援をすることなく、この世を去った。以来、幽霊となって、ラグビー場周辺をさまよい、応援を続けている。自らを「勝利の女神」と名乗っている。完吾、現役時代の完吾の兄など、限られた人間のみ、その姿を見ることができる。

監督

焼畑農業高校ラグビー部監督で完吾の兄。高校3年間、応援する月子の姿が見えていた。はりきりすぎて腰を痛め、42連敗を喫する。

校長

焼畑農業高校の校長で完吾の父親。ラグビー部創立時に初代主将を務め、当初は10連勝するが、マネージャーだった月子の死後、49連敗を記録する。月子が病院で息を引き取った11戦目、幽霊となって応援する月子の姿を見た。現在は月子の姿を見ることができない。

SHARE
EC
Amazon
logo