柔道部物語

柔道部物語

柔道初心者ながらつらい特訓にも耐え、みるみる強くなっていく三五十五の姿を描くいわゆるスポ根マンガ。1970年代当時の作者の体験を元に描かれた特訓のすさまじさと、個性的な登場人物たちによるギャグ描写が特徴。

概要

先輩の勧誘に半ば騙されるように岬商業高校柔道部に入部した三五十五だったが、負けず嫌いな性格から厳しいシゴキにも耐え、一本背負いを得意技とする柔道の才能を開花させる。ライバルとなる江南高校の樋口久と出会って互いに切磋琢磨することで成長していき、柔道部の仲間たちとともにインターハイへと勝ち進んでいくことになる。

登場人物・キャラクター

主人公

柔道初心者ながら、岬商業高校柔道部に入ったことから高校生全国クラスの選手として頭角を現していくことになる。得意とする技は一本背負いをはじめとするさまざまな背負い投げだが、試合に集中するとくちびるを尖ら... 関連ページ:三五十五

平家 ゆり

三五十五の同級生で、三五十五に恋をする物語序盤におけるヒロイン的存在。原田ひろみの存在を知り関係を進展させることはなかったが、秋山一郎にアタックされ親しくなる。

秋山 一郎

三五十五とは小学生の頃からの親友で、ともに柔道初心者だったが岬商業航行柔道部に入部する。持ち前の体格の良さを活かし、三五十五より先に黒帯を獲得するなど実力もあり試合でも活躍を見せる。

内田 修一

中学生時代に柔道部主将を務めており、三五十五と同じ年の岬商業高校柔道部入部者の中でもっとも実力を持つ存在で、三五十五とともに数々の試合で活躍する選手となる。

名古屋 和彦

岬商業高校柔道部に三五十五と同じ年に入った部員のひとり。入部当時から太っていたが、厳しい特訓にもうまく手を抜いて乗り切っていく稀有な才能を持ち、柔道部内で独特の存在感を確立していく。

鷲尾 弘美

『柔道部物語』の登場人物で、三五十五の一年先輩。自信家で身勝手な性格だが実力もあり、岬商業高校柔道部主将を務める。

小柴 哲也

『柔道部物語』の登場人物で、三五十五の一年先輩。明るい性格で人当たりもいいことから岬商業高校柔道部の新入部員勧誘を行っていて、三五十五たちを言葉巧みになかば騙すようにして入部させている。柔道の実力も持ち、鷲尾弘美や平尾勝とともに部の中核を担っていた。

平尾 勝

『柔道部物語』の登場人物で、三五十五の一年先輩。鷲尾弘美、小柴哲也と個性の強すぎる先輩の中では少々目立ちにくいものの、柔道の実力は確かで試合で安定した活躍ぶりを見せていた。

樋口 久

岬商業高校とは県代表を争う江南高校柔道部で、三五十五と同学年ながらエースとなる存在。インターハイ新人戦決勝で三五十五に敗北しており、ライバル同士となる。

西野 新二

千葉県の代表校としてインターハイで岬商業高校柔道部が対戦することになる講談館大学付属浦安高校のエース。三五十五のライバルとなる選手のひとり。高い実力もさることながら、反則同然の試合スタイルで対戦相手にケガをさせることが多く、樋口久も練習試合中に大ケガをさせられている。

五十嵐 寛太

岬商業高校柔道部の監督で、かつてオリンピック代表候補にもなった実力者。監督としてあまり真面目な指導者ではなかったが、車好きで新車購入を条件に本腰を入れるようになる。

原田 ひろみ

三五十五とは幼なじみで、通う高校は異なるが中学校卒業直前に告白されて以来彼女として交際している。性格も外見も派手なタイプの美女で遊び好きでもあり、三五十五も交友関係を心配するほど。

史村 春道

オリンピックで金メダルを獲得したこともある有名な柔道家で、テレビ中継のあるような試合では解説者も務めている。現役時代の五十嵐寛太とはライバル同士だったこともあって岬商業高校柔道部には注目しており、才能を開花させる前の三五十五の実力を認め、助力してくれるようになる。

集団・組織

岬商業高校柔道部

『柔道部物語』の舞台となる商業科高校の運動部。三五十五らが入部し、県大会を勝ち抜きインターハイに出場することになる。

SHARE
EC
Amazon
logo