おにいさまへ…

名門女子校に入学した御苑生奈々子は、学園の特権組織のメンバーに選ばれてしまったことで他のクラスメイト達から妬まれ、必要以上の嫌がらせを受けることになる。上流階級の少女たちの愛憎劇を描いた青春学園漫画。

  • おにいさまへ…
  • 楽天
  • Amazon
正式名称
おにいさまへ…
作者
ジャンル
学園
 
百合
 
恋愛一般
レーベル
中公コミックス(中央公論社) / 中公文庫コミック版(中央公論新社)

総合スレッド

おにいさまへ…(漫画)の総合スレッド
2016.01.25 12:33

新着関連スレッド

ママ(おにいさまへ…)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43
折原 薫(おにいさまへ…)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.01.25 12:43

新着関連スレッドもっとみる

概要

名門女子校・青蘭学園高等部に入学したごく平凡な生徒・御苑生奈々子は、自らの意に反し徒会長・一の宮蕗子に目をかけられ、学園の特権組織である社交グループ・青蘭ソロリティのメンバーに選ばれてしまう。そのため、ソロリティに選ばれなかったクラスメイト達から嫉妬され嫌がらせを受けることになる。

登場人物・キャラクター

主人公
青蘭学園高等部1年。生徒会長・一の宮蕗子に目をかけられ、学園の特権組織である社交グループ・青蘭ソロリティのメンバーに選ばれる。青蘭学園高等部は、通常、青蘭学園付属中学からの進学が多いが、奈々子は別の中...
青蘭学園高等部1年。B組。御苑生奈々子のクラスメイト。通称:薫の君。薫の大将とも呼ばれる。本来、奈々子より1級上だったが、青蘭学園付属中学を卒業した後、病気のため1年休学し同級生となる。クラスの委員長...
青蘭学園高等部3年。通称:宮さま。生徒会長。朝霞れいの姉。学園の特権組織、社交グループ・ソロリティの代表。青蘭学園 全校生徒の憧れの的。父親は青蘭学園の理事のひとり。御苑生奈々子の高等部入学当初から奈...
青蘭学園高等部2年。通称:花のサン・ジュストさま。男装で貴族趣味の麗人。多くの拝崇者がいる。すらっとした長身でハスキーボイスの持ち主。薫とは唯一の親友。一宮蕗子の妹。奈々子が青蘭学園へ初登校の際、バス...
青蘭学園高等部1年。B組。学園の特権組織、社交グループ・青蘭ソロリティのメンバー。御苑生奈々子のクラスメイトで奈々子と共にソロリティメンバーズとなる。青蘭学園付属中学からの進学。初対面で奈々子を気に入...
御苑生奈々子が中学3年のとき通っていた、T大学の学生たちがアルバイトとしてやっていた大規模な進学教室の社会科講師。奈々子が受けた最後の授業終了後、奈々子から おにいさまになって欲しいと告白され文通を始...
T大学大学院院生御苑生奈々子 の義兄・辺見武彦の親友。一の宮蕗子と朝霞れいの実の兄。大学時代は武彦と共に進学教室の講師のアルバイトをしており、面識はないものの当時から奈々子の存在と武彦との関係(異父母...
青蘭学園高等部1年。御苑生奈々子と同様、別の中学から入試を受けて入学。奈々子の中学時代からの友人。中学時代はお互いの家を行き来する程の仲だったが、自分と同じ立場だったはずの奈々子がソロリティメンバーに...
青蘭学園高等部1年。御苑生奈々子のクラスメイト。青蘭学園中等部からの進学。自信家でソロリティに入ることを強く希望していた。だが、候補にさえ選ばれなかったことで、同じクラスでソロリティのメンバーに選出さ...
宮さまの補佐役・モナリザの君(駒林リサ)、ミス・ボルジア、鳳乱(おおとりらん)、大原まるみ、メズーサの君、バンパネラの君、さかさ食パンの君ら、学園の特権組織である社交グループ・ソロリティのメンバー。ソ...
御苑生奈々子の母。奈々子が5歳の時に大学教授である現在の夫と結婚。夫の大学教授という仕事を偏執狂的に尊敬している。奈々子に対して口うるさい教育ママ。かつてはR大学の近くの小料理屋の仲居をやっており、夫...
御苑生奈々子の義父。R大学教授。T大学院院生である辺見武彦の実父。辺見武彦の母と離婚した後、R大学の近くの小料理屋で奈々子の母と出会い、再婚した。奈々子は妻と再婚した時には5歳だった。自宅はそれなりに...

集団・組織

『おにいさまへ…』の組織。学園の特権組織である社交グループ。通称:ソロリティ。元々はアメリカの女子大生の社交グループの名称で、会員は家柄や財産や教養、容姿、人がら、健康などを上級生のメンバーズに審査さ...

場所

『おにいさまへ…』の舞台・組織。御苑生奈々子が入学した名門女子校。学園には高等部の他に付属中と大学があるが奈々子は他の中学から一般入試を受けて入学した。特徴として学園が認めている社交グループ・青蘭ソロ...

アニメ

奈々子は予備校に通っている時に講師の大学生、武彦に憧れ「自分のおにいさまになって、文通してほしい」と願い出、文通することになる。そして奈々子は名門女子校の青蘭学園の高等部に入学。学園には選抜されたもの...