くるみと七人のこびとたち

くるみと七人のこびとたち

童話が好きな森本くるみが、童話の世界であるメルヘンランドに入り込んだ親戚の春日春比を追いながら、おかしくなった物語を直すために冒険をする。

正式名称
くるみと七人のこびとたち
作者
ジャンル
冒険
レーベル
講談社コミックスなかよし(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

森本くるみの憧れの童話作家で親戚でもある春日春比が童話の世界であるメルヘンランドに入り込み、白雪姫と恋に落ちた。それを皮切りにグリム童話の世界が狂っていく。森本くるみは、七人のこびとやカイルなど、童話の世界の住人達と協力しあって、春日春比を助け、物語を元に戻すための冒険に出る。

登場人物・キャラクター

主人公

明るく元気でパワフルな中学1年生。七人のこびとと親戚の童話作家で憧れの春日春比を助ける冒険に出るが、メルヘンランドで出会ったカイルが好きになってしまう。冒険が終わると記憶は消されたが、その頃の恋心は忘... 関連ページ:森本 くるみ

森本くるみの親戚で童話作家。ひょんなことからメルヘンランドに入り込み、白雪姫と恋仲になってしまう。二人は白雪姫の継母のサザーヌに囚われていたが、一時は救出されて現実世界で恋人のように暮らした。 関連ページ:春日 春比

本来なら白雪姫と恋に落ちる王子だったが、物語がおかしくなって森本くるみ とともに冒険することになった。軟派なところもあるが、剣の腕は確かで王子らしいしっかりしたところもある。バレンシュタイン家の第二王... 関連ページ:カイル・バレンシュタイン

白雪姫の小人たちで、森本くるみとともに冒険をする。賢いクルーク、クールなルーイヒ、おしゃべりのラウト、くいしんぼのザット、おこりんぼのエルガー、おしゃれなヒュプシェ、泣き虫のトレーネで、それぞれの特長... 関連ページ:七人のこびと

『グリム童話』の作者で森本くるみが冒険するメルヘンランドの番人として働いている。著者紹介の写真でしか絵本に登場しないため、ペラペラの四角い存在。兄弟がお上と呼ぶヴァイスの指示に従って森本くるみの旅をサ... 関連ページ:グリム兄弟

森本くるみの親戚春日春比が現れ、毒リンゴで眠っていた白雪姫を目覚めさせたため物語が変わって生き残る。魔術に傾倒した白雪姫の継母で、メルヘンランドを我が物にしようとしている。 関連ページ:サザーヌ

『くるみと七人のこびとたち』の舞台、メルヘンランドの神様。人間たちが夢の世界を必要としなくなったのではないかと疑い、邪な人格のシュバルツとともに、人間を試すためにサザーヌの魔法の鏡に姿を変えて森本くる... 関連ページ:ヴァイス

『くるみと七人のこびとたち』の倒すべき敵。メルヘンランドの神、ヴァイスから生まれ、サザーヌとともに童話世界を支配しようとする。ヴァイスと分離後はサザーヌの側にいて、森本くるみの学校に転入生の黒井剛とし... 関連ページ:シュバルツ

サザーヌから白雪姫の暗殺を命令された狩人。暗殺失敗とその隠蔽が発覚してサザーヌに左目をつぶされた。何度も森本くるみたちの邪魔をしたのは、メルヘンランド征服後にサザーヌから領主の座を約束されていたため。... 関連ページ:レオ

『いばら姫』の王子で、レオにさらわれた姫を助けにサザーヌの城に乗り込んだ。『いばら姫』の物語の修復後には、森本くるみたちに協力してサザーヌと戦う。ザーレ国の王子。 関連ページ:ザイス・インクヴァルト

『金のがちょう』の物語に登場する。ビヒテル族の長で、サザーヌの命でやってきたレオから屈辱的な仕打ちを受けて人間不審に陥った。七人のこびとの説得により森本くるみに協力。物語の修復後も、もの知りな長老とし... 関連ページ:グーナ

集団・組織

ビヒテル族

『くるみと七人のこびとたち』に登場する小人の一族。こびとの中でも「神の子」と呼ばれる一族で、人々の生活を見守り、ときには手伝うこともある。「くつ屋のこびと」「金のがちょう」などで活躍。七人のこびとのラ... 関連ページ:ビヒテル族

場所

メルヘンランド

春日春比がドイツ旅行で見つけた本の中に存在する、童話のキャラクターが暮らす世界。施されていた鍵が壊れて、春日春比と森本くるみが入り込んでしまう。 関連ページ:メルヘンランド

その他キーワード

魔法の鏡

サザーヌに森本くるみたちの冒険を邪魔する助言をする。サザーヌが小鳥に変えた春日春比と白雪姫を守るために勝手に中に吸い込んだこともある。正体は、メルヘンランドの神であるヴァイスとその邪な意志シュバルツ。 関連ページ:魔法の鏡

SHARE
EC
Amazon
logo