ゼルダの伝説

悪の司祭アグニムに囚えられたゼルダ姫を救うために、リンクが立ち上がる。勇者だけが手に入れられるマスターソードを探して冒険をする物語。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ゼルダの伝説
作者
ジャンル
ファンタジー一般
 
冒険

総合スレッド

ゼルダの伝説(漫画)の総合スレッド
2016.07.11 19:03

新着関連スレッド

ハイラル(ゼルダの伝説)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05
闇の世界(ゼルダの伝説)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.07.11 19:05

新着関連スレッドもっとみる

概要

王家に仕えるガーディアンの息子であるリンクは、両親が闇の世界に迷い込んだため、叔父に育てられた。悪の欲望に囚われたガノン闇の世界に閉じ込めた賢者の封印が、悪の司祭アグニムによって破られ、リンクはいけにえにされたゼルダ姫を助けるために冒険に旅立つ。ゼルダ姫たち、いけにえとなった六人の姫を助けながら、リンク闇の世界の奥深く、ガノンの居城を目指す。

登場人物・キャラクター

主人公
金髪で耳が尖った少年。緑の服と帽子を愛用している。両親が闇の世界に迷い込んだため、叔父に育てられた。賢者の封印解放を目論む悪の司祭アグニムにいけにえにされかけたゼルダ姫の魂の声を聞き、救出に向かう。ア...
尖った耳と長い髪のハイラルの王女。悪の司祭アグニムに賢者の封印を解くためのいけにえとして囚えられた。魂の声でリンクに助けを求めた。賢者の封印が解かれると、闇の世界にある氷の塔のカメの岩に封じられた。こ...
闇の世界の支配者。下顎から牙を生やした豚の顔をしている。元はガノンドロフという盗賊だったが、黄金の力トライフォースを手に入れて、ガノンに変わった。元は聖地だった世界に邪悪を広めて闇の世界にした強大な支...
賢者の封印を解くために六人のいけにえを捧げる悪の司祭。鷲鼻の男で口元はベールで隠している。リンクの叔父を剣で倒したほどの腕前を持つ。最後のいけにえとしてゼルダ姫を囚えた。マスターソードでも直接その体を...
頭は禿げているが、真っ白な眉と口髭が豊かな老人。賢者の封印を施した七人の賢者の子孫で、現在はカカリコ村の長老。マスターソードのことを知っている。アグニムがいけにえを集めていることを知ると、東の神殿に籠...
高い鼻と細い垂れ目で後ろに立った毛髪が特徴の青年。ハイラルのガーディアンの血をひく騎士で、弓矢の名射手。剣とボウガンを操る。アグニムの陰謀を知って闇の世界にやってきた。邪悪に汚染されたため、戦うときに...
4枚のトンボに似た羽を持ち、長い触角を頭から生やした小さな妖精の少女。闇の世界が生まれる前から水中で平和に暮らしてきたキングゾーラの仲間。その羽の粉には肉体のダメージを回復する力がある。鱗粉を狙う怪物...

場所

かつては聖地と呼ばれていたが、安置されていた黄金の力トライフォースが盗賊のガノンドロフの手に落ちて邪悪に染まり、闇の世界となった。光の世界の者も闇の世界では心に秘めた欲望の虜となってモンスターに姿を変...
美しく平和な国で、多くのガーディアンに守られてきた。

その他キーワード

『ゼルダの伝説』の用語。400年前、かつて聖地だったところから邪悪な力が溢れ出すようになり、国王の命で七人の賢者がその入り口を封印した。この賢者の封印を解くには、七人の賢者の子孫の娘を神殿や祠にいけに...
伝説の退魔剣。かつてハイラルに栄えた民が残した数々の宝の中でも、最高の宝にして究極の武器だという。今は迷いの森の奥深くで眠りについている。三つの紋章である勇気の紋章、力の紋章、知恵の紋章を手にした勇者...
『ゼルダの伝説』の用語。ハイラルの聖書に「大いなる災いをもって世界を支配する者は聖なる矢によって倒される」と書かれている。ロームが闇の世界をくまなく探したが、見つけることはできなかった。