さすらいアフロ田中

「アフロ田中」シリーズ第4弾。アフロヘアの青年・田中広の日常を描いたコメディ漫画。自分自身の性欲に振り回される日常や、女性の扱いに苦労するリアルな男性の姿を描いている。「週刊ビッグコミックスピリッツ」2010年21・22合併号から2013年24号にかけて連載された作品。

正式名称
さすらいアフロ田中
ふりがな
さすらいあふろたなか
作者
ジャンル
ギャグ・コメディ
レーベル
ビッグ コミックス(小学館)
巻数
既刊10巻
関連商品
Amazon 楽天 小学館eコミックストア

概要・あらすじ

田中広はワーキングホリデーで海外に行っている彼女のマキを驚かせようと、サプライズでオーストラリアへと向かった。そこで田中はマキの浮気現場を目撃してしまう。周囲の仕事仲間に慰められながらもスッキリしない田中は、思い切って仕事を辞めて旅に出ることを決意する。バイクを購入し、ひとまず埼玉の実家に戻ったところ、地元の友達である村田が旅に便乗したいと申し出る。

田中は一旦断ったものの、村田は美人のヒッチハイカーが現れたらそこで旅を降りるという条件を出し、見事に交渉を成立させる。こうして2人は、まずは北海道を目指すことになった。

登場人物・キャラクター

田中 広 (たなか ひろし)

埼玉出身の23歳の青年。ひどい天然パーマで、まるでアフロのようなヘアスタイルになっている。旭工務店という会社に勤務しており、千葉県の現場でトンネル掘りをしている。彼女の浮気を目撃して、そのショックから突然仕事を辞めて自分探しの旅に出る。目先の欲に流される意志の弱い性格ながら、非常に素直で感動屋。

西田 清次 (にしだ しんじ)

田中広の勤める旭工務店の先輩。年齢は38歳の男性。中年太りのでっぷりしたお腹と、浅黒い肌と金髪が特徴。フィリピンパブで働くマチルダに想いを寄せ、タガログ語を勉強している。田中の相談に真面目に応える優しい性格。田中と一緒に行動をしており、いつも2人で悪ふざけをしている。

鈴木 シンジ (すずき しんじ)

田中広の勤める旭工務店の先輩。年齢は43歳の男性。酒が好きで、いつも酒を飲んでは赤い顔をしている。酒による失敗が多いことで、禁酒を誓いながらいつも挫折している。トークがうまいため若い時は女性にモテていたが、最近は年齢のせいか女性に関する話がめっきり少なくなってきた。ナオミとはセックスフレンドで、長い付き合い。

高橋 進 (たかはし すすむ)

田中広の勤める旭工務店の同僚の男性。田中とは同い年の23歳。仕事終わりで疲れていても海に行くほどサーフィンが大好き。いつかライセンスを取ってプロサーファーになるのが夢。元柔道部で、九州チャンピオンになったこともある。もともとは田舎出身の好青年だったが、周囲の影響を受けてすっかりキャバクラ好きになってしまった。 根がいい人過ぎるせいか、長い間彼女ができずにいる。

風間 宗一郎 (かざま そういちろう)

旭工務店の新人社員。年齢は23歳の男性。田中広にとっては初めての後輩でイケメン。遊び過ぎで大学を2年も留年し、そのまま中退した。好きなお酒はスパークリングワイン、ジャンクフードを食べるとお腹を壊すという、どこか上品なところがあり、田中にとっては色々と鼻につく存在。アニメ好きという意外な一面がある。

山田 ななこ (やまだ ななこ)

高橋進が主催して開いた合コンに現れた22歳の女性。眼鏡をかけた地味な顔立ちで、おとなしそうに見えるが意外と積極的な性格。将来は漫画家になるのが夢で、投稿をずっと続けている。のちに田中広と付き合うことになる。

村田 (むらた)

田中広の高校の時からの友達で、地元である埼玉に住んでいる男性。酒屋でアルバイトをしていたが、田中に触発されてバイクで日本縦断の旅に同行することになる。沖縄に渡るフェリー代を払ったところで無一文になったため、沖縄のドミトリー「月見荘」に住みながらダラダラ過ごしている。

大沢 (おおさわ)

田中広の高校の時からの友達で、地元である埼玉に住んでいる男性。屋台でラーメン屋を営んでいるが、出しているのはインスタントラーメン。ひげが濃く、スタイルも顔も悪いために、女性にモテない。過去に付き合っていた女性に振られたことがトラウマになっている。

岡本 (おかもと)

田中広の高校の時からの友達で、地元である埼玉に住んでいる男性。郵便局員をしている。田中を含めた地元の友達5人組の中では一番のイケメンで、学生の頃はモテていたが現在はフリー。過去に付き合っていた女性に浮気をされたショックがいまだに忘れられずにいる。

井上 (いのうえ)

田中広の高校の時からの友達で、地元である埼玉に住んでいる男性。田中を含めた地元の友達5人組の中では唯一の妻帯者。妻であるロボは現在妊娠中。お菓子とビールと漫画が人生の最大の楽しみ。

ロボ

井上の妻で、妊娠中。「ロボ」の相性で親しまれており、本名で呼ばれることはほとんどない。無口でおとなしい性格で、前髪で目が隠れているために表情もわかりにくいが、実はしっかり者。妊娠したことで、母親としての強さを身につけつつある。

田中の母 (たなかのはは)

田中広の母親で、埼玉に住んでいる。一人息子である田中が仕事を辞めて家に戻って来た時はひとまず受け入れたが、そのままだらだら過ごす息子にイライラしている。ごく普通の、どこにでもいる母親。

田中の父 (たなかのちち)

田中広の父親で、埼玉県に住んでいる。普段はとても無口なのに、酒に酔うとよくしゃべる。しかし酔った勢いで約束したことを、次の日にはすっかり忘れて、後悔するというのがいつものパターンとなっている。髪型は広同様の天然パーマで、いつも無精ひげを生やしている。

ななこの母 (ななこのはは)

山田ななこと山田タカヒロの母親。ふくよかで、眼鏡をかけている。気さくで社交的だが、他人の話をまったく聞かずに自分だけずっとしゃべっている。田中広のことを気に入っている。

ななこの父 (ななこのちち)

山田ななこと山田タカヒロの父親。痩せた体型で、髪の毛が薄くなりかけている。娘のななこを溺愛しており、ななこが田中広と付き合っている事実を知って大きなショックを受ける。

山田 タカヒロ (やまだ たかひろ)

山田ななこの5歳年下の弟で、年齢は17歳。騒音をまき散らしながらバイクに乗ったり、服装や髪型もちょっと悪ぶっているが、家族に愛されて育ったやんちゃな弟タイプ。

マキ

田中広と付き合っている女性。オーストラリアにワーキングホリデーで出かけ、田中とは遠距離恋愛の状態にあった。その寂しさからかルームメイトのヨシオに惹かれてしまう。美人だが実は不器用な性格で、それを隠そうとするあまりついカッコつけてしまい、墓穴を掘ることが多い。のちにヨシオと別れて帰国し、田中とヨリを戻そうとする。

ヨシオ

マキのオーストラリア滞在中の、ルームシェアの男性。イケメンで、いつも帽子を被っているが、実はかなり前髪が後退しており、頭頂部が禿げ上がっている。田中広に対して申し訳ない気持ちを抱きつつも、マキに積極的にアプローチを掛けている。

ナオミ

小さな食品会社に勤めている30歳の女性。鈴木シンジのセックスフレンド。誰もが羨む美人ながら、かまってもらいたがりで面倒くさいタイプ。鈴木がムラムラする気分やタイミングを嗅ぎ分ける能力に長け、だらだらと関係が続いている。

マチルダ

フィリピンパブに勤めているフィリピン出身の女性。西田清次にアプローチされて付き合っている。普段はタガログ語を話し、日本語は片言程度だが、意外と難しい言葉を知っていたりする。

高橋のカノジョ (たかはしのかのじょ)

高橋進と付き合い始めたばかりの女性で、そこそこ可愛い顔をしている。清純そうに見えるが、実はクリスマスに当時の彼氏から約束をすっぽかされ、傷心していたところを高橋に声をかけられて、そのまま初対面の高橋とホテルに入った。

めぐっぺ

沖縄にあるドミトリー「月見荘」を管理している若い女性。沖縄っぽいぱっちりとした目の美人だが、ひょうきんな性格のせいか女性扱いされていない。宿の管理だけでなく、食事を作ったり、宿泊者たちの面倒を見ている。実はバツイチ。

住田 (すみだ)

沖縄にあるドミトリー「月見荘」に宿泊している男性。頭にタオルを巻き、無精ひげを生やして、ちょっとお腹が出ている。沖縄にとても馴染んで見えるが、実は仙台出身。会社を辞め、全国を旅するために沖縄に来ていたが、そのまま長期滞在している。月見荘の宿泊者たちからは「すーさん」と呼ばれている。

コユキ

沖縄にあるドミトリー「月見荘」で住み込みで働いている20歳の女性。和歌山県出身。かなり太っていて色黒なのが特徴。三線を習っており、その腕前と歌声は田中広を涙させるほど。

佐藤 (さとう)

沖縄にあるドミトリー「月見荘」に宿泊している男性。口ひげを生やし、体毛は濃いめ。体操選手のような身体にぴったりとしたタイツを着用している。どんな仕事をしているのかは一切不明。オネエ言葉で話すが、怒ると一瞬だけ男性言葉になる。女性に対してはまったく興味がない。

るみ

沖縄にあるドミトリー「月見荘」に宿泊している女性。金髪のショートヘアが特徴の美人で、ドーナツショップで働いている。劣等感が強く、人付き合いが苦手。村田からアプローチを受け、当初は心底嫌がっていたが、やがて少しずつ心を開いていく。

白石 ミカ (しらいし みか)

田中広が初めて身体の関係を持った女性。田中より2歳年上で、酒を飲んで酔うと勢いで好きでもない相手とSEXをする癖があり、いつも後で激しく後悔している。そのため、「いんらん」という通称を持つ。公民館で働いており、いつかどこかの社長と結婚して玉の輿に乗るのが夢。

理央 (りお)

バイク旅行中の田中広と村田が、北海道に向かうフェリーの中で出会った女性。金髪で、ぱっちりした目をした美人。ヒッチハイクで日本縦断の旅をしている。実は日本縦断は3周目で、1周目はバイク、2周目は自転車で完遂している。

牧野 よし子 (まきの よしこ)

西田清次が高校生の時に付き合っていた女性。西田が初めて身体の関係を持った相手でもある。18歳の時に親の仕事の都合でドイツに引っ越した。美人で、バリバリ仕事をしているキャリアウーマン。

アヤ

風間宗一郎の友達の女性。田中広らのバーベキューの集まりにやって来た、金髪で色黒の美人。ファイナンシャルプランナーの資格を持っており、今後田中の生涯にかかるお金を2億円と計算して見せ、その場にいた男性たち全員を絶望させる。

今井 (いまい)

運送屋で働いている青年。目がぐりぐりと大きく、普段の顔もびっくりしているように見える。大麻に興味津々で、田中広の同僚がこっそり育てていた大麻を持ち帰ろうとするが、警察の姿を見て慌てて逃走する。

自動車屋のおじさん (じてんしゃやのおじさん)

自動車屋で働いている中年男性。頭は禿げ上がってツルツルで少しお腹が出ており、いつもツナギを着ている。車の妖精が見えるという特殊能力を持ち、その言葉を聞くこともできる。ちなみに酒は一滴も飲めない。

場所

旭工務店 (あさひこうむてん)

田中広、西田清次、鈴木シンジ、高橋進、風間宗一郎らの勤務する建設会社。全国のトンネル掘りの仕事を請け負っている。契約社員の田中は急に仕事を辞めるも、すぐに再雇用されて正社員に昇格することとなった。

月見荘 (つきみそう)

沖縄にある宿泊施設で、管理者はめぐっぺ。一泊1500円で、食事は別料金で一食600円と格安。寝る場所は二段ベッドで、シャワールームや洗濯機も完備している。設備が壊れると、宿泊者たちが自ら手作りで直して使っている。

前作

高校アフロ田中 (こうこうあふろたなか)

「アフロ田中」シリーズ第1弾。女子に対しては興味津々でモテたいのに全くモテず、なのに特に努力をするわけでもなく、地味で怠惰でいいかげんな高校生活を送る高校生田中広と、同じくパッとしない友人達、岡本一、... 関連ページ:高校アフロ田中

中退アフロ田中 (ちゅうたいあふろたなか)

「アフロ田中」シリーズ第2弾。前作『高校アフロ田中』で高校を中退し無職となったアフロヘアーの青年・田中広を中心に、冴えない男たちの日常を描いたギャグマンガ。 関連ページ:中退アフロ田中

上京アフロ田中 (じょうきょうあふろたなか)

「アフロ田中」シリーズ第3弾。アフロヘアをした青年・田中広の日常を描いたコメディ漫画。成人して定職に就きながらも、まだまだ精神的に幼さを残す男性の内面を描く。「週刊ビッグコミックスピリッツ」2007年... 関連ページ:上京アフロ田中

続編

結婚アフロ田中 (けっこんあふろたなか)

「アフロ田中」シリーズ第6弾。前作『しあわせアフロ田中』で、彼女の山田ななこにプロポーズした田中広が、結婚に向けて動き出す姿をコミカルに描く。「ビッグコミックスピリッツ」2018年21・22合併号より... 関連ページ:結婚アフロ田中

書誌情報

さすらいアフロ田中 10巻 小学館〈ビッグ コミックス〉

第1巻

(2010-09-30発行、 978-4091833976)

第2巻

(2010-12-25発行、 978-4091835284)

第3巻

(2011-04-28発行、 978-4091837950)

第4巻

(2011-07-29発行、 978-4091840097)

第5巻

(2011-11-30発行、 978-4091841735)

第6巻

(2012-02-08発行、 978-4091842558)

第7巻

(2012-07-30発行、 978-4091846068)

第8巻

(2012-11-30発行、 978-4091847645)

第9巻

(2013-02-28発行、 978-4091848796)

第10巻

(2013-06-28発行、 978-4091852557)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo