さよならソルシエ

さよならソルシエ

19世紀末のパリを舞台に、パリ一の画商である弟テオドルス・ファン・ゴッホと、後に「炎の画家」として知られるに至った画家の兄フィンセント・ファン・ゴッホの生涯を描く歴史ロマン。

概要

19世紀末パリ、天才との呼び声が高い画商テオドルス・ファン・ゴッホが画壇を席巻していた。彼は既存の権威にとらわれた保守的な画壇に反発し、人々のありのままの日常を描いた若手作家の作品を世に出すことを目指す。そしてテオドルス・ファン・ゴッホは、当時は無名画家だった実兄フィンセント・ファン・ゴッホの才能に心酔しており、その作品の売り出しに奔走する。

登場人物・キャラクター

主人公

画廊グーピル商会のモンマルトル通り19番街にある支店の支店長。パリ一の画商として知られている。画家フィンセント・ファン・ゴッホの実弟であり、天才的な画才を持つ兄を有名にするべく画策する。天才的な頭脳と... 関連ページ:テオドルス・ファン・ゴッホ

同名の実在人物をモデルとしている。テオドルス・ファン・ゴッホの実兄で、無名ながらも天才的な才能を持つ画家。弟でさえ彼が怒ったところを見たことがないと語る温和な人物で、怒りの感情が欠如している。偏見や嫉... 関連ページ:フィンセント・ファン・ゴッホ

グーピル商会でテオドルス・ファン・ゴッホの部下として働く男。真面目だが小心な人物で、既存の権威に反抗するテオドルス・ファン・ゴッホの行動にいつも振り回されている。 関連ページ:マルクス

フランス学士院お抱えの高名な美術評論家。身分を偽り、パリ市街で浮浪者の扮装をして市井にまぎれる趣味を持つ。浮浪者の扮装時は、他の浮浪者たちとチェスをして賭け金を巻き上げるといったことをしていたが、テオ... 関連ページ:ムッシュボドリアール

パリ画壇の重鎮で、芸術とは「品格ある題材を描くもの」という信念の持ち主。冷酷な人物で、彼に反抗する若手画家の腕を折るなどの強硬手段に出ることもある。絵画「枢機卿の肖像」を描きイーサン画廊の開館式に出品... 関連ページ:ジェローム

同名の実在人物(画家)をモデルとしている。物語内ではコルモン画塾に属する22歳の若手画家として登場。ムーラン・ド・ラ・ギャラットの娼婦を描くなど、既存画壇にはない作風の持ち主。日の目を見ない芸術家が集... 関連ページ:アンリ・ド・トゥールーズロートレック

テオドルス・ファン・ゴッホらが企画した展覧会アンデパンダン展に参加した若い画家の一人。当初会場とする予定だったギャラリーで受付を担当していたが、ギャラリーの館長に会場の使用を断られ、その旨を他の画家た... 関連ページ:ニコラ

売れない戯曲家。彼が脚本を担当した講演を見たテオドルス・ファン・ゴッホによって才能を認められる。テオドルス・ファン・ゴッホは彼に「とある画家の人生を丸ごと作り替える」ための脚本を依頼し、フィンセント・... 関連ページ:ジャン・サントロ

グーピル商会の顧客である貴婦人。雨の翌日に来店するのを常としており、テオドルス・ファン・ゴッホが用意したカバネルの絵画「フェードル」を購入する。「フェードル」は義理の息子に恋をした王妃の悲劇を描いた絵... 関連ページ:マダム・ブールジーヌ

パリ市街でたむろする「街一番のチェス名人」だが、「シェルジュ」を名乗り市井に紛れ込んでいたムッシュボドリアールとの賭けチェスで連敗。有り金を巻き上げられていたところを、テオドルス・ファン・ゴッホの助言... 関連ページ:浮浪者

パリ市街にあるパン屋の主人で、絵を描くのが趣味。テオドルス・ファン・ゴッホは、彼が描いたパンの絵を気に入ってそれを預かることを申し出る。その後、テオドルス・ファン・ゴッホは、モンマルトル路上でパリの現... 関連ページ:パン屋

フィンセント・ファン・ゴッホが放浪していたさいに出会った老婆。彼女は、若かりしころに結婚の約束を交わしたまま戦争に行き戻らなかった男を40年間待ち続けていた。フィンセント・ファン・ゴッホは老婆の話を聞... 関連ページ:おばあちゃん

集団・組織

グーピル商会

『さよならソルシエ』に登場する会社。テオドルス・ファン・ゴッホは、グーピル商会のモンマルトル通り19番街にある店舗の支店長。絵だけではなく「品格」も売ることをモットーとしており、顧客は選ばれしブルジョ... 関連ページ:グーピル商会

イベント・出来事

アンデパンダン展

『さよならソルシエ』に登場するイベント。権威主義なパリ芸術アカデミーの審査に通らず、日の目を見ることのなかった無名の若手芸術家たちの作品を集めた展覧会。当初はリュー・ド・リヴォリ交差点にあるギャラリー... 関連ページ:アンデパンダン展

SHARE
EC
Amazon
logo