修道士ファルコ

修道士ファルコ

14世紀後半、ドイツのリリエンタール修道院に身を寄せた、ファルコという名の元剣士の修道士と、リリエンタール修道院の仲間達の物語。

正式名称
修道士ファルコ
作者
ジャンル
歴史もの一般
レーベル
プリンセスコミックス(秋田書店)
関連商品
Amazon 楽天

概要

14世紀後半のスペイン。「ファルコ(鷹)」といわれたナバーラ随一の剣客がいた。ファルコは闘いに明け暮れた日々を悔い改め、剣を捨て修道士になる。修道士は頭頂部を剃髪するトンスラにしなければならないのだが、彼にはトンスラに出来ない秘密があった。ドイツへ赴いたファルコは、リリエンタール修道院に身を寄せるが、そこで様々な事件や陰謀に遭遇する。

登場人物・キャラクター

主人公

枯草色の髪と薄青色の目、豊かな体躯を持つ。スペインのナバーラで名高い剣客の騎士であったが、数多くの血を流したことを悔い、修道士となった。頭部にキスマークのような痣があるため、他の修道士を惑わせる恐れが... 関連ページ:ファルコ

施療院で働く修道士。元騎士。俗世では法と秩序を守る役人だった。ファルコと同じく豊かな体躯を持ち、剣の腕前もなかなかのもの自治部隊のフリートは役人時代の後輩。 関連ページ:オド

写字生。美意識が高く優秀だが、変人。俗世名はアルヌルフ・ノイマン。 関連ページ:アルヌルフ

リリエンタール修道院からケルンの聖ニコラウス学院へ修学している修道士。オドに本の虫と言われるほど勤勉。だが、純粋に学んでいるわけではなく、リリエンタール修道院を乗っ取ることが目的。 関連ページ:マティアス

異常な程の潔癖症で、ファルコが痣のせいとはいえトンスラに出来ず、修道院内の統一が取れていないことを嘆いている。マティアスいわく、「小鳥の心臓」。 関連ページ:院長

マティアスいわく、「功利的」。作中の他の修道士とは違って俗的で何事にも臨機応変に対応する。 関連ページ:副院長

カスティリアの国王。名だたる剣士であったという経歴を持つファルコに興味を持ち、剣を交えるためファルコが身を寄せている寺院へ赴く。誰もが忌み嫌うファルコの頭頂部の痣を肯定的に評価した。 関連ページ:ドン・ペドロ

20年前に聖女サウラの啓示を受け、ケルン大聖堂に納骨されていた彼女の指の骨を盗み出した。精神が少し遠いところに行ってしまっている様子だが、折に触れ天啓のようなものを受け、事件解決の糸口になることを口走... 関連ページ:ヤコボ

13歳の少年。財産を巡り父親が継母の兄弟に殺され、自分も殺されそうになるが、リリエンタール修道院の修道士達に助けられた。その後修道士になる。 関連ページ:ヨハン

15年前聖アンナ尼僧院の院長に森で拾われ、そのまま尼僧院で育つ。正体は15年前盗賊に襲われて行方不明になっていたベルトルド・ブラントの義妹アグネスであった。 関連ページ:マルティナ

ケルンの商人。15年前、盗賊に襲われ父と養母が死亡、2歳の義妹アグネスが行方不明になる。リリエンタール修道院でアルヌルフがデザインしたタペストリーを目にし、養母の生家フォン・ベルグ家の意匠にそっくりな... 関連ページ:ベルトルド・ブラント

ケルンの市営娼館アプフェルに所属する娼婦。ファルコに惚れてリリエンタール修道院まで巡礼する。ミサの最中に聖女サウラに感応し、知らないはずの特殊な祈禱文を暗誦する奇跡を起こす。後に娼婦をやめ、尼になり聖... 関連ページ:フィリス

マティアスと共謀してリリエンタール修道院を乗っ取ろうとした。ファルコを襲撃するが、ファルコが剣で陽光を反射した光に目が眩み転落死した。 関連ページ:オットー・フォン・ウルリヒ

場所

リリエンタール修道院

『修道士ファルコ』に登場する施設。シトー派の修道院で、ライン川の西にある巨大な僧院である。聖サウラの遺骨があり、奇跡を起こし続けているため、金銭的に余裕がある。 関連ページ:リリエンタール修道院

聖アンナ尼僧院

『修道士ファルコ』に登場する施設。年老いた修道女が10人程と10代のマルティナが身を寄せている。ベネディクト会の設立だが、会からはすっかり忘れられてしまっており、貧しい僧院である。 関連ページ:聖アンナ尼僧院

SHARE
EC
Amazon
logo