てやんでいBaby

てやんでいBaby

ホッチョくんこと富沢星夫として生まれ変わってしまったヤクザの男・原田。赤ちゃんとしての生活が、32歳のヤクザ目線で語られる、一話完結のギャグ漫画。

概要

育ての親である組長のため、鉄砲玉として命を捨てる覚悟を決めたヤクザの原田は、身を清めようと銭湯の一番風呂につかっていた。そこへやって来た出産間近の夫婦、富沢信一富沢イク子。すると妻であるイク子が産気づき、原田が助けようとするも転んで頭を打った拍子に信一とイク子の赤ちゃん富沢星夫として生まれ変わってしまう。

見た目は赤ちゃんだが心は32歳のヤクザの、赤ちゃんライフがスタートする。

登場人物・キャラクター

主人公

角刈りで両肩に入れ墨の入った、義侠心の強い32歳のヤクザ。産気づいた富沢イク子を助けたことがきっかけで、彼女の赤ちゃんとして生まれ変わる。中身は32歳のヤクザのままだが、外見は赤ちゃんのため、まだろく... 関連ページ:富沢 星夫

富沢 イク子

『てやんでいBaby』の登場人物で、星夫の母親。平凡な一般家庭の専業主婦でありショートカットの清楚で可愛い女性。ミカンなど、身の回りにあるものを使い、自作のストーリーで指人形をするのが得意で、星夫も気に入っている。星夫の心の中では、奥さんと呼ばれている。

富沢 信一

『てやんでいBaby』の登場人物で、星夫の父親。平凡な一般家庭のサラリーマンで、メガネをかけている。美人な女性やセクシーな女性に弱く、いつも星夫とともに鼻の下を伸ばしている。星夫の心の中では、ダンナと呼ばれている。

杉村 さやか

『てやんでいBaby』の登場人物で、デパートのベビールームで隣り合わせになった際に星夫が一目惚れした、笑顔のかわいい3ヶ月年上の女の子。あの手この手でアタックする星夫に笑顔で返しているが、赤ちゃんなので何を考えているかは分からない。星夫の家の近所に住んでいる。

山本 ディヴィ

『てやんでいBaby』の登場人物で、外国人の母親と日本人の父親の間に生まれたハーフの男の赤ちゃん。常に鼻水を垂れ流しているため、星夫は心の中でハナたれと呼ぶ。星夫の家の近所に住んでいる。

ユキ

『てやんでいBaby』の登場人物で、青森に住む信一のいとこ、美保子の子。ほっぺが赤いため星夫は心の中でリンゴちゃんと呼んでいる。星夫とは同い年。スローペースで純朴そうな子。

雄大

『てやんでいBaby』の登場人物で、夏休みにさやかが出会った男の赤ちゃんで世田谷に住んでいる。大人たちからはさやかとお似合いだと言われ、星夫からはライバル視されている。

『てやんでいBaby』の登場人物で、星夫とデパートで出会う男の赤ちゃん。物憂げな表情で母性本能をくすぐるタイプ。星夫が勝手なモノローグを付けているが、星夫と同様まだ言葉を喋ることができないので実際に何... 関連ページ:しょうへい

山本

『てやんでいBaby』の登場人物で、ハナたれの母親。外国人で、夫の山本平九郎は不動産関係でお金持ちの家。明るくグラマスな女性。ハナたれのことはデビちゃんと呼んでいる。星夫の家の近所に住んでいる。

山本 スージィ

『てやんでいBaby』の登場人物で、外国人の母親と日本人の父親の間に生まれたハーフの女の子。部屋にある人形がバラバラにされており、星夫のこともオモチャ扱いするため星夫から恐れられている。星夫の家の近所に住んでいる。

杉村 美江

『てやんでいBaby』の登場人物で、さやかの母親。美人で優しいロングヘアーの女性。星夫の家の近所に住んでおり、イク子やハナたれの母親とはママ友。

礼菜

『てやんでいBaby』の登場人物で、星夫と銀座のデパートの喫茶店で出会った女の赤ちゃん。母親が色っぽい女性で、礼菜も色っぽく星夫に迫るので、星夫からはホステスのイメージを抱かれ、魔性の女と呼ばれている。

野良猫

『てやんでいBaby』の登場人物で、星夫の近所に住む野良猫。イク子がいない間に家に忍び込み、食べ物を漁っている。子猫と妻(と思われる猫)の3匹で来たこともあるが、毎回イク子が来ると追い出され逃げて行く。

部長

『てやんでいBaby』の登場人物で、信一の会社の部長。真面目な性格で星夫の面倒を見ようとしてくれるが、タイミングが悪いのか災難に遭ってしまい、星夫と信一はいつもヒヤヒヤしている。

SHARE
EC
Amazon
logo