となりのとなりのお姉さん

となりのとなりのお姉さん

平凡な大学生・新谷哲平と、マンションの隣室に住む柊真理子、さらにその隣室の鳴瀬美希、2人の巨乳美女との三角関係を描いた作品。「M'sアクション」2005年1月号~8月号、10月号~2006年7月号に掲載された。原作はみなかみゆう。

正式名称
となりのとなりのお姉さん
原作者
みなかみゆう
作者
ジャンル
性、セックス、性愛
 
三角関係
レーベル
アクションコミックス(双葉社)
巻数
全2巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

マンションで一人暮らしをしながら大学に通う新谷哲平は、2つ隣の部屋に住む鳴瀬美希に好意を抱いていた。毎朝、美希が出勤する時間に合わせて家を出るが、挨拶するだけの関係から前へ進めない。また、夜な夜な男を連れ込んで激しいあえぎ声を聞かせてくる隣の柊真理子の存在も気になっていた。ある日、部屋の鍵をなくした美希を部屋に入れた哲平は、隣から漏れ聞こえてくる真理子のあえぎ声に触発される形で美希と肉体関係を持ち、童貞を卒業する。

しかし、その翌日、真理子とも関係を持ってしまう。美希との交際を始めながらも真理子からの誘惑には抗えず、美希には内緒のまま、真理子との関係を続けてしまうのだった。

登場人物・キャラクター

新谷 哲平

マンションで一人暮らしの大学2年生。隣の隣に住む鳴瀬美希に好意を抱いており、念願叶って恋人関係になる。しかし、隣に住む巨乳美女・柊真理子とも関係を持ってしまい、気持ちは美希にありながらも真理子との肉体関係を続けてしまう。

鳴瀬 美希

新谷哲平の2つ隣の部屋に住む女性で、高校の英語教師。黒のストレートロングヘアー。哲平に告白され、肉体関係を持ったあと、恋人として交際を始める。哲平が柊真理子と関係を持っていることは知らない。

柊 真理子

新谷哲平の隣の部屋に住む女性。茶髪のウェーブヘア。よく男を連れ込んでは大きなあえぎ声をあげ、隣部屋の哲平と鳴瀬美希を悩ませている。哲平を「ドーテー君」とからかって肉体関係を持ち、その後も美希には内緒で関係を続ける。

姫野 はるか

柊真理子の会社の後輩で、ショートカットの美女。ひょんなことから真理子、新谷哲平との3人で海水浴へ行き、そこで真理子と哲平が関係を持っていることを知る。他人のものを盗るのが好きなため、後日哲平の家を訪れて誘惑し、関係を持つ。

クレジット

原作

みなかみゆう

書誌情報

となりのとなりのお姉さん 全2巻 〈アクションコミックス〉 完結

第1巻

(2005年10月28日発行、 978-4575831610)

第2巻

(2006年8月11日発行、 978-4575832747)

SHARE
EC
Amazon
logo