TABOOに抱いて

TABOOに抱いて

麻生弥生は義理の兄である麻生直樹と愛を育んでしまい、実の兄である麻生友哉に交際を止められてしまう。禁断の兄妹愛を描いたラブロマンス。

正式名称
TABOOに抱いて
作者
ジャンル
恋愛
レーベル
フラワーコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

麻生弥生は兄である麻生直樹麻生友哉と3人で暮らしている。麻生家の中で直樹だけが養子であることを知っていた弥生は、彼に想いを寄せていた。直樹も弥生に対して好意を抱いていることを知り、晴れて両想いになる2人だったが、友哉だけは2人の付き合いを認めなかった。

登場人物・キャラクター

麻生 弥生 (あそう やよい)

高校1年生の女子生徒。両親は10年前に他界しているため、兄の麻生直樹、麻生友哉と3人で暮らしている。直樹に想いを寄せているが、養子とはいえ兄妹という間柄のため言い出せずにいる。天真爛漫な性格で、誰からも好かれている。

麻生 直樹 (あそう なおき)

武道家を目指す高校3年生の男子生徒。麻生弥生、麻生友哉と3人で暮らしている。5歳の時に麻生家に引き取られた養子であり、その事実は弥生も友哉も知っている。ぶっきらぼうに振る舞うが、本当は心優しい性格。

麻生 友哉 (あそう ともや)

医大に通う2年生の男性。生真面目な性格で、麻生弥生と麻生直樹が相思相愛であることを知り、兄妹なのだからと2人の関係をとがめる。死んでしまった両親に面目が立たないと考えているが、のちに和解し、条件付きながら2人の付き合いを認める。

SHARE
EC
Amazon
logo