ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編

ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編

『ひぐらしのなく頃に』『ひぐらしのなく頃に解』シリーズの後日談。雛見沢の負の連鎖から抜け出した後のストーリーを描いている。原作は竜騎士07。

正式名称
ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編
原作者
竜騎士07
作者
ジャンル
家族
 
ラブ・コメディ
関連商品
Amazon 楽天

概要

連鎖する死の運命から抜け出した古手梨花は、初めて経験する昭和58年の夏休みを満喫していた。ある日のプール帰り、自転車で仲間たちに競争を仕掛ける梨花。北条沙都子から、車が来ていると忠告を受けるが、それをブラフと判断した梨花はトラックに轢かれてしまう。 目を覚ますとそこは学校の保健室。不思議に思う梨花の前に現れたのは、教師の知恵留美子と沙都子、そして入江診療所で治療中のはずの北条悟史だった。また巻き戻されてしまったのかと悔やむ梨花であったが、今回の世界は何もかもがおかしい。いないはずの人がいて、いるはずの人がいない。親友であるはずの沙都子がそっけない。そして何より、古手羽生の姿がないのだ。もとの世界へ帰るため、封印された羽生を探し出す梨花。しかし羽生は、ある事によりこの世界には干渉出来ないのだという。羽生の封印を解く術を探りつつも、竜宮礼奈園崎魅音等と話したり、家族と過ごす日々を送るうちに、梨花は今までの自分の甘えや少女として本当に学ぶべきことを知っていくのだった。

登場人物・キャラクター

古手 梨花

100年にも及ぶ旅を終え、初めて迎えた夏休みを楽しんでいたが、自分の不注意から交通事故に巻き込まれてしまい、再度時を巻き戻る。その世界で様々な経験をすることで、今まで自分がいかに周囲に甘えてきたかを悟った彼女は、大きく成長する。

北条 沙都子

雛見沢分校に通う古手梨花の同級生。今までの世界では梨花の一番の親友という位置づけだったが、この世界では梨花をよく思っていない。憎まれ口を叩いても誰よりも人の痛みが分かった別世界の北条沙都子とは違い、この世界ではただの性悪な少女となっている。

北条 悟史

北条沙都子の兄。本来であれば入江診療所にて治療中のはずだが、全ての罪が存在しないこの世界では、そもそも雛見沢症候群を発症していない。心優しい絵に描いたような優男で、古手梨花をいじめる沙都子を止めに入ることが多い。

竜宮 礼奈

雛見沢分校での古手梨花の上級生。本作『ひぐらしのなく頃に礼 賽殺し編』では両親の離婚などの暗い経験をしておらず、「レナ」ではなく本名の「礼奈」と名乗り続けている。優しく世話焼きな性格は相変わらずで、悲しげな表情の梨花に救いの手を差し伸べようとするが、逆にそれが梨花を傷つけてしまうことも。

園崎 魅音

今回の世界では部活自体が存在しないため、部長というポジションではないが、姉御肌でみんなのリーダー的な存在であることには変わりない。そのストレートな口ぶりから古手梨花を一度は悲しませるが、これが梨花が重要なことに気づくきっかけともなった。

梨花の母

これまでの世界ではすでに亡くなっている設定だったが、この世界では健在である。ヒステリックに娘を叱りつける面があり、いつも途中でいなくなってしまう存在だったので、古手梨花からは苦手意識を持たれているが、娘を想う気持ちは本物で、徐々に家族の時間を取り戻していく。

古手 羽生

事故に遭って死んでしまった古手梨花を過去に送るが、原因も分からぬまま祭具殿の宝玉に封印されてしまう。宝玉からは梨花とのみコミュニケーションを取ることが可能で、すべての世界の記憶を梨花と共有する彼女は、梨花の唯一の心の支えとなる。

クレジット

原作

SHARE
EC
Amazon
logo