家族のそれから

家族のそれから

母親を亡くした八木沢徹と八木沢恵は、結婚したばかりで妻を亡くした八木沢ケンジを義理の父親として、一緒に暮らすことになった。しかしお互いの気持ちがわからず、ぎこちない日々が続く。連載時には70ページほどの作品だったが、単行本では、倍のページ数に描き足されている。また、本作の単行本後半には、アフタヌーン四季賞受賞作『ゆくところ』が収録されている。

正式名称
家族のそれから
作者
ジャンル
家族
レーベル
アフタヌーンKC(講談社)
関連商品
Amazon 楽天

概要

八木沢徹八木沢恵は、母親を亡くし、彼女と結婚したばかりの八木沢ケンジは、若くして2人の義理の父になる。徹は彼を父として受け入れがたい気持ちや、自分が迷惑なのではないかという思い、恵を守りたいという思いの中で、葛藤する。ケンジもまた、徹と恵に対してどんな態度を取ればいいのか悩んでいた。

登場人物・キャラクター

高校生の少年。母親の八木沢ハツコを亡くし、八木沢恵と八木沢ケンジと共に暮らしている。義理の父親である八木沢ケンジとは年齢がさほど離れておらず、彼のことを父親と受け入れることができていない。元水泳部だっ... 関連ページ:八木沢 徹

高校生の少女。母親の八木沢ハツコを亡くし、八木沢徹と八木沢ケンジと共に暮らしている。義理の父親である八木沢ケンジとは仲がよく、なるべく自然体で接するように努力している。兄とも仲は良好で、母亡き後の将来... 関連ページ:八木沢 恵

26歳の小学校教師。周囲の猛反対を押し切って年上の八木沢ハツコと結婚し、八木沢徹と八木沢恵の義理の父親になった。ところがまもなくして八木沢ハツコが死亡してしまい、以来彼女を亡くした悲しみにくれ、毎日の... 関連ページ:八木沢 ケンジ

八木沢徹と八木沢恵の母親。周囲の猛反対を押し切って、年下の八木沢ケンジと結婚した。彼と同僚の小学校教師で、生徒には「八木ちゃん」と呼ばれ慕われていた。結婚して間もなく他界してしまう。 関連ページ:八木沢 ハツコ

八木沢徹の担任教師。普段から授業中寝てばかりの徹に手を焼きつつも、彼の家の複雑な事情を理解しており、相談に乗っている。 関連ページ:三浦

八木沢徹が働く新聞屋のおばさん。バイトの少年たちに慕われている。お節介焼きな性格で、働いている子たちに唐揚げを作ったりしている。母子家庭で、徹のことを深く心配している。 関連ページ:新聞屋のおばさん

八木沢徹がいつも学校でつるんでいる友人。たらこ唇で、にきび面。悩みがちな徹に、冷静なツッコミを入れている。八木沢恵が、義父の八木沢ケンジを好きなのではないかと言って、彼を驚かせた。 関連ページ:八木沢徹の友人

八木沢徹が八木沢ハツコの葬儀の時に会って会話していた人物。八木沢徹とは、自然体で話せる仲。姉が亡くなった時、八木沢ケンジとの結婚のことを振り返りながら、「最後にいい時過ごしたんだね」と嗚咽をもらして泣... 関連ページ:八木沢ハツコの妹

SHARE
EC
Amazon
logo