びんちょうタン

びんちょうタン(漫画)の主人公。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
びんちょうタン(漫画)
正式名称
びんちょうタン
ふりがな
びんちょうたん

総合スレッド

びんちょうタン(びんちょうタン)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

山の中にある小さな古い家で一人暮らしをしている幼い少女。常に頭に備長炭をくくりつけている。両親はおらず、街でお仕事を得て生計を立てている。元はみなし子で、一人で山の中にいたところをばあちゃんによって拾われた。ばあちゃんが死亡した後は施設に入れられたが、ウバメガ氏が後見人となってくれたのをきっかけに山に戻り、ばあちゃんと過ごした家で一人暮らしを始める。

紳士ウバメガ氏からは定期的に援助を受けており、彼から送られてくる備長炭を、飲み水をきれいにしたり、ごはんをおいしく炊くのに活用している。鳥さんのバス亭を利用して街に出て、役場で募集している子供でもできるお手伝い仕事をしたりして生計を立てている。

いつも着ているピンク色の帯の着物は、ばあちゃんからもらったもので非常に大切にしている。文字が読めないとできないお仕事があることから、学校に対して憧れを抱いている。ずっと一人だったが、ちくタンちくリンの姉妹、クヌギたん、レンたん、あろえと友達もでき、貧しいながらも健気に生きている。

登場作品

両親がおらず、育ててくれたおばあちゃんにも先立たれてしまった幼い女の子びんちょうタンが、町でさまざまなお仕事をしながら一生懸命に生きていく姿を,ときにほのぼのと、ときに叙情的に描き出したハートフルスト...