ほしのふるまち

ほしのふるまち

北陸・氷見市を舞台に、挫折を経験した少年・堤恒太郎と、健気な少女・一ノ瀬渚の恋愛を描いたラブ・ストーリー。

正式名称
ほしのふるまち
作者
ジャンル
恋愛一般
レーベル
ヤングサンデーコミックス(小学館)
関連商品
Amazon 楽天

概要

恒太郎 (堤恒太郎)は東京の私立進学校・成海高校に通っていたが、授業についていけず留年が決定した。進級のため、父堤慎一郎の発案によって富山県氷見市に住む遠縁の漁師・宮本良夫の元に身を寄せ、地元の氷見ヶ丘高校に転校した。氷見市に降り立ち、落ち込んだ気持ちになる堤恒太郎は、1人の少女・渚(一ノ瀬渚)と出会う。

彼女は宮本家の隣に住み、高校では同級生だった。自分は「負け組」という荒んだ気持ちを吐露する恒太郎に渚は厳しい言葉を投げかける。初めはショックを受けた恒太郎だったが、渚の家庭の事情や、健気な姿を知り勇気づけられる。お互い失恋やピンチの度に言葉を掛け合い、気遣い合う2人。

いつしか恒太郎は彼女に惹かれていく。

登場人物・キャラクター

主人公

初登場時は高校3年生。東京の私立進学校・成海高校に通っていたが、授業についていけず留年が決定したため、父堤慎一郎の発案によって富山県氷見市に住む遠縁の漁師・宮本良夫の元に身を寄せ、地元の氷見ヶ丘高校に... 関連ページ:堤 恒太郎

ショートヘアーの少女。初登場時は高校3年生。富山県氷見市に生まれ育ち、富山弁で話す。氷見ヶ丘高校3年生に在学している。堤恒太郎が身を寄せる宮本家の隣に住み、恒太郎とは同級生。看護師として働く母を支える... 関連ページ:一ノ瀬 渚

栗田 美奈子

初登場時は氷見ヶ丘高校の3年生で、堤恒太郎、一ノ瀬渚の同級生。堤恒太郎に好意を持つようになり、積極的にアプローチする。卒業後、上京する夢を持っている。

宮本 正樹

堤恒太郎が身を寄せる宮本家の長男。一ノ瀬渚の従兄でもあり、彼女の初恋の相手。東京の大学に進学している。後に、荒れた性格となって突然氷見市に帰郷する。

SHARE
EC
Amazon
logo