ほたる ~真夜中の歯科医~

夜間診療を専門とする型破りな歯科医が、訪れた患者の歯科治療とともに「暮らしの痛み」も治療するハートフルな本格医療漫画。一話完結の連作短編形式で描かれる。「別冊漫画ゴラク」2012年10月号から2013年5月号にかけて掲載された作品。

正式名称
ほたる ~真夜中の歯科医~
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ
レーベル
ニチブンコミックス(日本文芸社)
巻数
既刊1巻
関連商品
Amazon 楽天

概要・あらすじ

ある晩、「ほたる歯科医院」の夜間診療に予約の電話が入るが、歯科医の保田留脩は「夜間診療は急患扱いだから予約は受け付けていない」とすげなく断る。後日、院長代理の保田留ふみよのもとに同じ人物からクレームの電話が入り、ふみよは兄である脩に説教するが、「オレはオレの商売をするだけ」と脩は言い放つ。その日の夜、クレームを入れてきた予約電話の女性が、結局予約なしで「ほたる歯科医院」に来院。

そこへ、子供の急患を連れた女性がやって来て、「子供が我慢できないみたいなんです」と脩に泣きついてくる。

登場人物・キャラクター

保田留 脩 (ホタドメ オサム)

40代の独身男性歯科医。「ほたる歯科医院」で夜間診療を担当する。「優しくていい先生」という評判よりも、本当に困った患者が頼ってくれる歯科医でありたいと考えている。頑固で口は悪いが、歯科医としての腕は本物で、実は人情派。プロ野球チーム「広島バックス」の大ファン。姪の保田留ことえからは「おっちん」と呼ばれている。

保田留 ふみよ (ホタドメ フミヨ)

保田留脩の妹。「ほたる歯科医院」の院長代理を務めるバツイチの女性。真面目だがやや杓子定規な性格で、医院の評判を非常に気にしている。脩が夜間診療をしている理由を誤解している。歯科医でありながら、いつも歯を磨かず寝てしまう脩にあきれている。

保田留 ことえ (ホタドメ コトエ)

保田留ふみよの娘。保田留脩の姪にあたる小学生の女の子。どちらかというと脩の味方で、いつもふみよの正論を聞き流している。料理が得意で、少し大人びたところがある。脩のことを「おっちん」と呼んでいる。

保田留脩の父 (ホタドメオサムノチチ)

保田留脩と保田留ふみよの父親。「ほたる歯科医院」の開業者で故人。見るからに穏やかなたたずまいをしている。脩が家を継がずに飛び出した時も、平気な顔をして「父親に頭の上がらない人生はいやで、どこかで修行しているんだろう」と語っていた器の大きい人物。何かと誤解されがちな脩にとって、良き理解者でもあった。

予約電話の女性 (ヨヤクデンワノジョセイ)

「ほたる歯科医院」に予約をしてきた中年女性。インターネット検索で調べて、電話をかけてきた。来日する韓流スターのイベントに万全の状態で臨むべく、「ほたる歯科医院」の夜間診療に予約を入れた。保田留脩の丁寧さを欠いた対応に、激怒してしまう。

スージー (スージー)

カラオケスナック「スージー」のママを務めるオネエ。保田留脩とは同じ瑞陽高校出身で、仲が良い。昔バンドをやっていた縁でルカと知り合い、歯科医を探していたルカに脩を紹介した。おせっかいだが優しい性格。

西山 雄太 (ニシヤマ ユウタ)

瑞陽高校の2年生の男子。サッカー部に所属する。サッカーの有望選手だったが、中学時代に膝の故障を長引かせ、強豪高校などのセレクションに漏れてしまった過去がある。監督の杉山から、MFへのコンバートを言い渡されたショックで、不良とケンカして前歯を折られてしまい、保田留脩の治療を受けることとなる。

杉山 (スギヤマ)

保田留脩と同じ瑞陽高校出身の同級生の男性。現在は同校の教師になり、サッカー部の監督を務めている。主力選手の西山雄太が、歯の治療を理由に退部届を出したことを心配し、わざわざ担当医である脩に事情を聞くために会いに行った。熱い指導者だが、キャバ嬢に入れ込むおちゃめな一面もある。

木村 (キムラ)

単身赴任中の中年サラリーマン。「ほたる歯科医院」で保田留ことえが担当した患者。歯痛が治らない苛立ちから、歯科医に当たり散らす、ちょっとしたクレーマー。原因のわからない歯痛を、ストレスのせいだと言われたことに、ナーバスになっている。

竹下 晴香 (タケシタ ハルカ)

「ほたる歯科医院」に来院した女子中学生。保険証を所持していなかった。保険証がないと治療費が全額負担になると説明した保田留脩に、悪態をつく。虫歯が進行したのは、シングルマザーである竹下晴香の母を気遣い、歯の痛みを長い間我慢し続けたため。

竹下晴香の母 (タケシタハルカノハハ)

竹下晴香の母親。シングルマザーであり、晴香を高校に進学させるために、昼夜パートを掛け持ちしている。国民健康保険の払いが滞っているので、風邪をひいても病院に行かずに働き続ける気丈な女性。

タツオ (タツオ)

保田留脩の患者の高齢男性。昔気質のヤクザの親分で、子分のレイジを可愛がっている。脩からは歯周病がひどくなると口腔内に潰瘍ができ、脳卒中や心筋梗塞の原因になることもあるので、しっかりと歯を磨くよう言われている。昔、保田留脩の父とは親友だった。

レイジ (レイジ)

タツオの子分の青年。自分を拾ってくれたタツオに恩義を感じている。タツオが倒れた際、病気にならないよう歯の治療に通っていたのにと、興奮して保田留脩に殴りかかる。タツオを心配するあまり泣いてしまうなど、カッとなりやすいところがあるが、純粋な性格。

ルカ (ルカ)

かつてバンド「ルカティック」のボーカリストをしていた女性。ソロデビューしたが上手く行かず、女優としてやり直すために歯をきれいしたいと、スージーに紹介されて保田留脩の歯科医院にやって来た。歌手としての夢を捨てきれずにいる自分の感情を、持て余している。

向山 (ムコウヤマ)

保田留ふみよが友人の結婚式で知り合った歯科医の男性。男手一つで自分を育ててくれた父親が、歯科医に行く時間が取れなかったため、入れ歯になってしまった。そこで夜間診療に興味を抱き、保田留脩の診療を見学したいと申し出る。質問魔だが、洞察力は鋭い。

中村 (ナカムラ)

大学を出て就職浪人中の若い女性。プロ野球チーム「広島バックス」の昆野均次という選手と同郷。昆野のマスコットをカバンに着けていたことから「広島バックス」ファンの保田留脩と知り合う。ストレスが原因とされる皮膚病が治らず、就職先も決まらないため焦っている。

場所

ほたる歯科医院 (ホタルシカイイン)

保田留脩の両親が開業した歯科医院。院長である母親は現在入院中。保田留ふみよが院長代理を務め、夜間診療を脩が担当している。両親の代から、家族ぐるみで付き合っている患者も多い。今や歯科医院はコンビニより数が多いため、院長代理のふみよは必死で医院を守っている。

書誌情報

ほたる ~真夜中の歯科医~ 既刊1巻 日本文芸社〈ニチブンコミックス〉 連載中

第1巻

(2013年4月27日発行、 978-4537130287)

SHARE
EC
Amazon
無料で読む
マンガリスト
logo