ボールパークへようこそ

球団職員の門前弘之と、メジャーリーグ帰りのスタープレーヤーの矢畑晴美。かつて同じチームに所属した2人の男を中心に、日本のプロ野球界を描いた作品。

  • 楽天
  • Amazon
正式名称
ボールパークへようこそ
作者
ジャンル
ヒューマンドラマ、人間ドラマ
 
野球

総合スレッド

ボールパークへようこそ(漫画)の総合スレッド
2016.09.01 15:31

新着関連スレッド

カレン・ロジャース(ボールパークへようこそ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:32
角谷 丸吉(ボールパークへようこそ)の総合スレッド
マンガペディア公式 2016.09.01 15:32

新着関連スレッドもっとみる

概要

アメリカメジャーリーグのアナハイム・ヘイローズの内野手、矢畑晴美は、「ミスター三塁打(トリプル)」と呼ばれる屈指の好打者。しかし日本のマスコミの前では横柄な態度でまともな話をしない。かつて彼は日本のプロ野球東京グレイツにピッチャーとして入団したが、肩を壊した末に海を渡った過去を持つ。

一方、スポーツショップで働く門前弘之は、元甲子園優勝投手の実績を引っ提げて、矢畑晴美と共に東京グレイツに入団したが、芽が出ないまま引退した。日の出ビールの会長、鳥塚敏江は、弱小球団と化した仙台ファルコンズを買収しオーナーとなる。彼女は矢畑晴美に入団オファーを出すが、彼から条件として提示されたのは門前弘之の入団だった。

突然、鳥塚敏江に呼び出された門前弘之は、現役復帰を固辞。その代わりに球団職員としての就職を希望する。鳥塚敏江門前弘之に、「ボールパーク」と呼ばれるアメリカの野球場をしっかり見るよう伝え、矢畑晴美説得のために海を渡らせた。

登場人物・キャラクター

主人公
『ボールパークへようこそ』の主人公の1人。肩まで髪を伸ばした男性。初登場時27歳。メジャーリーグのアナハイム・ヘイローズの内野手。千葉県出身。右投げ右打ち。横柄で気ままな振る舞いが目立つ。日本のプロ野...
主人公
『ボールパークへようこそ』の主人公の1人。短髪の男性。スポーツショップのエントリーの従業員。初登場時27歳。元甲子園優勝投手の実績を引っ提げて、矢畑晴美と共に東京グレイツに入団したが、6年間で1勝もで...
眼鏡をかけたショートヘアーの老年の女性。大手ビールメーカーの日の出ビール会長。父の跡を継いで、傾きかけた同社の経営を立て直した。プロ野球仙台ファルコンズを買収し、オーナーとなる。目玉として矢畑晴美の獲...
プロ野球仙台ファルコンズのスカウト。門前弘之とは、彼が中学3年生の頃からの付き合い。ドラフトでは縁がなかったが、事あるごとに門前弘之に気を遣っている。新しくオーナーとなった鳥塚敏江に門前弘之を引き合わ...
大手ビールメーカーの日の出ビール社長。独断で仙台ファルコンズを買収した会長の鳥塚敏江の経営に反感を持ち、実権を握ろうとしている。東京グレイツオーナーの角谷丸吉に、鳥塚敏江が矢畑晴美獲得に動いていること...
スポーツショップのエントリーの社長。門前弘之を新店舗の店長に抜擢しようと考えていたが、仙台ファルコンズからの入団の打診があることを知り、快く送り出す。
プロ野球東京グレイツのオーナー。大都日報会長。仙台ファルコンズを買収し矢畑晴美を獲得しようとしている、鳥塚敏江を快く思っていない。秘書の鎌刈亘を通じて、仙台ファルコンズの4番バッター白根和男の引抜きを...
若い黒人女性。アナハイム・ヘイローズの矢畑晴美担当広報職員。仙台ファルコンズオーナーの鳥塚敏江の命を受けて訪れた門前弘之を案内する。日本に留学した経験がある。
15年間球界を離れ監督経験も無かったが、鳥塚敏江の依頼によって仙台ファルコンズの監督に就任。茫洋としているが陰の名将ともいわれている。1年かけて戦力を見極めるという条件で監督になった。打撃不振の大和田...
宮城放送編成制作局制作部の女性ディレクター。30歳。矢畑晴美のドキュメンタリーを撮りたいと、仙台ファルコンズに通いつめ門前弘之に繰り返し交渉する。野球にはまったく興味は無いが、矢畑晴美が目指しているも...
阪通ジャガーズからトレードで仙台ファルコンズに入団する。門前弘之の高校の後輩で、在学時は1年生ながら守備力の高さで内野のレギュラーを獲得し、甲子園の優勝メンバーとなった。打撃はあまり好きではなく、トレ...
元プロ野球選手。現役時は仙台ファルコンズ史上で唯一の2000本安打を達成し、「ミスター・ファルコンズ」と呼ばれる大物OB。過去2回、仙台ファルコンズの監督も務めている。矢畑晴美は幼いころ、彼が監督だっ...
初登場時31歳。仙台ファルコンズの内野手で、ポジションはショート。生え抜きのチームリーダー。矢畑晴美が怪我で離脱した際は、3番に座ってチームを引っ張っていた。しかし矢畑晴美が復帰すると、大田黒久雄には...
就任1年目で東京グレイツを優勝に導いた監督。現役時代はドラフト1位の重圧を撥ね退け、4番として一時代を築く。選手生活の終盤、怪我に泣かされ二軍生活を送っていたときに、門前弘之にも親しく声をかけていた。...