まじかる☆タルるートくん

まじかる☆タルるートくん

小さな男の子の魔法使い・タルるートと小学生・江戸城本丸が繰り広げる日常ドタバタギャグ漫画。その後、格闘路線やファンタジー路線を経て再びギャグに戻った。

概要

勉強がダメな冴えない小学生・江戸城本丸。彼はひょんな偶然から魔法使いの男の子・タルるートと友だちになる。奇妙な魔法で大騒動の日々が続くが、やがて本丸は強くなるため山ごもりの修行を開始。学校をの支配を企む座剣邪寧蔵らを武闘会で倒すが、自分も命を落として魂だけ魔法の国へ。冒険の末に天の使いの力で生き返り、日常に戻った。

本丸はやがてタルるートと別れた後、不良だらけの蛮野中学校へ進む。

登場人物・キャラクター

主人公

南野小学校6年1組の男子児童。父親が持っていた魔法陣の前で偶然呪文が成立し、タルるートを呼び出してしまう。その際に1つだけ願いが叶う魔法で、タルるートと友だちになった。勉強は劣等生クラス、運動もケンカ... 関連ページ:江戸城 本丸

主人公

小さな男の子の魔法使い。「ほんとにこまったんがー」の呪文で魔法の国から現れ、自分を呼び出した者の願いを1つ叶える。ソードペンまじっくん、わらわらくんなどのアイテムを通じて、さまざまな魔法を使う。ただし... 関連ページ:タルるート

河合 伊代菜

南野小学校6年1組に通う、勉強も運動もできる美少女。裕福な家庭に育ち、豪邸に住んでいる。クラスの人気者でクラスの男子から多く好意を寄せられており、江戸城本丸もそのひとり。伊代菜も本丸に好意を抱いているが、そのスケベぶりには困っている。バレーボール部所属。 小学校卒業後は私立白薔薇女子中学校へ進学した。

南野小学校6年1組に転校してきた転校生で、原子電力会社の御曹子である。外見は大学生にしか見えず、小学生にしてフェラーリを乗り回す。実は努力家で、スポーツをはじめ無数のジャンルの競技で世界Jr.チャンピ... 関連ページ:原子 力

邪馬 じゃば夫

南野小学校6年1組。相撲取り体型のいじめっ子。江戸城本丸と同じ蛮野中学校に進学。

伊知川 累

『まじかる☆タルるートくん』に登場する人物。南野小学校6年1組に通う女子生徒。江戸城本丸に何かとちょっかいを出して意地悪をする。タルるートの魔法を使って全校児童が勝負する卒業記念の異種格闘技大会を取り仕切るが、本丸に敗れた。バレーボール部所属。小学校卒業後は蛮野中学校に進学する。

座剣邪 寧代

南野小学校6年1組に転校してきた女子生徒。不良少女で、けんかが強い。座剣邪寧蔵の双子の妹。「じゃけんじゃねーよっ」が口グセ。母親はすでに他界している。江戸城本丸との触れ合いで、彼には少し心を開くようになった。最終回で寧蔵とともにアフリカへ出立。 見送りのため南野小の旧友が空港に集まった。

南野小学校6年2組に転校してきた男子生徒。座剣邪寧代の双子の兄。語尾に「ぞう」をつけるのが口グセ。通産官僚の父親の権力と自分の拳法で、南野小を支配しようとする。そのため中国で拳法修行していた小学生・風... 関連ページ:座剣邪 寧蔵

大綾 真理

南野小学校6年1組の担任。23歳の独身女性教諭。男勝りで厳しい性格で、バイク通勤している。たこ焼き屋台の浪速松五郎といい雰囲気になった。

両口屋 是清

南野小学校6年1組に通う男子生徒。得意な国語で嫌みを言う。小学校卒業記念の異種格闘技大会では主要キャラがみな途中敗退ないし試合放棄したため、両口屋是清が優勝した。

名古屋に住む小学3年生。嫌がらせ、いたずらの限りを尽くす嫌われ者。父・岸麺太、母・岸麺代、姉・岸麺子。家業はきしめんの食堂を営む。江戸城本丸が山で修行をしている間に偶然タルるートを呼び出し、願いを叶え... 関連ページ:岸 麺太郎

りあ・キナカーモ

若い女性の魔法使いでタルるートの姉。タルるートを魔法の国に連れ戻しに来たのだが、なぜか江戸城家に居着くように。

ミモラ

小さな女の子の魔法使い。タルるートに片思いしており、魔法の国に連れ戻すためにやって来た。タルるート、ライバーたちといったんは魔法の国に戻るが、「ほんとにもんがー」の呪文で伊知川累に偶然呼び出される。

ライバー

小さな男の子の魔法使い。片思いしているミモラの心を奪ったタルるートに復讐するためやってくる。タルるート、ミモラたちといったん魔法の国に戻るが、「ゴメンガー」の呪文で大綾真理に偶然呼び出される。

にるる

『まじかる☆タルるートくん』に登場する生物。タルるートのペット。しっぽを握るとその時見ていたものに変身する。

色空仙人

タルるートたちの故郷・魔法の国の氷霊山山頂に住んでいる仙人。人の生死を変える力を持つ。

早坂 翔子

蛮野中学校3年生。3年生の不良たちが恐れるヤンキー風美少女。入学したばかりの江戸城本丸にいきなりキスして、「大すき」と告白した。

アニメ

まじかる☆タルるートくん

運動も勉強も苦手な小学生、江戸城本丸は父親から借りた魔法書に載っていた魔法陣に向かって偶然から呪文を唱え、異世界の住人を召喚してしまう。それは自らを大魔法使いと称する幼い男の子、タルるーとだった。 本... 関連ページ:まじかる☆タルるートくん

書誌情報

まじかる・タルるートくん 全16巻 〈ジャンプコミックスセレクション〉 完結

第1巻 大魔法使いがやってきた!の巻

(1997年4月発行、 978-4834215618)

第2巻 白銀の江戸城スキー丸さま!!の巻

(1997年5月発行、 978-4834215625)

第3巻 必勝!ボクシング特訓!!の巻

(1997年6月発行、 978-4834215632)

第4巻 Itazura臨海学校の巻

(1997年7月発行、 978-4834215649)

第5巻 おいかけてサッカーボールくん!の巻

(1997年8月発行、 978-4834215656)

第6巻 謎の男・垂野頼春!!の巻

(1997年9月発行、 978-4834215663)

第7巻 「ざけんじゃねえよ」の巻

(1997年10月発行、 978-4834215670)

第8巻 きしめんたろーの登場だぁ~!!の巻

(1997年11月発行、 978-4834215687)

第9巻 男だぜ本丸!!の巻

(1997年12月発行、 978-4834215694)

第10巻 魔法の国のきびしいおきて・・・の巻

(1998年1月発行、 978-4834215700)

第11巻 ミモラの手づくりプレゼント!!の巻

(1998年2月発行、 978-4834215717)

第12巻 いたずら小僧がやってきた!!の巻

(1998年3月発行、 978-4834215724)

第13巻 暗闇からきた少年!の巻

(1998年4月発行、 978-4834215731)

第14巻 アブない!!想い出さがし!!の巻

(1998年5月発行、 978-4834215748)

第15巻 誰だって・・・なにかで一番!!の巻

(1998年6月発行、 978-4834215755)

第16巻 心が十分足る理由の巻

(1998年7月発行、 978-4834215762)

まじかる・タルるートくん 全14巻 〈集英社文庫 コミック版〉 完結

第1巻

(2003年7月発行、 978-4086180900)

第2巻

(2003年7月発行、 978-4086180917)

第3巻

(2003年9月発行、 978-4086180924)

第4巻

(2003年9月発行、 978-4086180931)

第5巻

(2003年10月発行、 978-4086180948)

第6巻

(2003年10月発行、 978-4086180955)

第7巻

(2003年11月発行、 978-4086180962)

第8巻

(2003年11月発行、 978-4086180979)

第9巻

(2003年12月発行、 978-4086180986)

第10巻

(2003年12月発行、 978-4086180993)

第11巻

(2004年1月発行、 978-4086181006)

第12巻

(2004年1月発行、 978-4086181013)

第13巻

(2004年2月発行、 978-4086181020)

第14巻

(2004年2月発行、 978-4086181037)

SHARE
EC
Amazon
logo