ももんち

ももんち

美大受験に失敗して、1年間の浪人生活を美大受験予備校で過ごすことになった岡本桃寧が、同じく美大を志望する浪人生の友人たちや家族との関わりの中で多感なひとときを送る青春恋愛漫画。1970年代から1980年代に流行した乙女チックラブコメを目指したと作者の冬目景が語っている。なお、冬目景の他作品『イエスタデイをうたって』と世界を同じくしており、舞台となる関東美術学院や一部の登場人物は両作品に共通して登場。

概要

現役での美大受験に失敗し、関東美術学院で浪人生活を送ることとなった人見知りで奥手な主人公・岡本桃寧。父親が失踪した一方で兄姉からは過保護気味に可愛がられている桃寧は、そのことにいささかの気後れを感じつつもあれやこれやと世話を焼かれていた。それは浪人生活をするにあたって一人暮らしを始めてからも変わらず、桃寧の住む歌川荘にはことあるごとに兄・岡本太郎と姉・岡本深紅が来訪。

また、関東美術学院では友人で同じく浪人生の中原夏樹由芽らとともに受験に向けた課題制作に追われながら、ほのかに抱くようになった恋心など、多感な年頃ならではの青春の日々を送るのだった。

登場人物・キャラクター

主人公

美大志望の浪人生で、関東美術学院に通っている。それまでは実家ぐらしだったが、浪人生活のスタートに際して家を出てアパート・歌川荘で一人暮らしを始めた。家族や友人からはももの愛称で呼ばれる。家族は父、母、... 関連ページ:岡本 桃寧

岡本桃寧の姉で、桃寧のことをいたく可愛がっている。我の強い性格をしており、両親の期待にあえて逆らって絵の道には進まなかった。ただ絵自体は好きなため、大学は文学部に進学し美術史を専攻。また、青山のギャラ... 関連ページ:岡本 深紅

岡本桃寧の兄。両親の影響でもともとは絵に親しんでいたが、岡本太郎という名前が重くのしかかり、途中で絵を諦めて公認会計士というまったく異なる道を選んだ。あえてその名を付けた父親を恨んでいる。真面目かつ責... 関連ページ:岡本 太郎

岡本桃寧の母親。岡本絵画教室を経営しており、それなりに繁盛している。もともとは旧家の娘だったが、自称芸術家の「ももの父」と出会い、駆け落ち同然で結婚。「ももの父」が普通に働くことができない人間だったた... 関連ページ:ももの母

岡本桃寧の父親。自称芸術家で、あるとき知り合った「ももの母」と駆け落ち同然で結婚するが、まともに働くことができない性格だった。太郎・深紅・桃寧という一男二女を授かった後もその性格は変わらず、職を転々と... 関連ページ:ももの父

関東美術学院に通う浪人生で、岡本桃寧の親しい友人。油絵に関する独特のセンスの持ち主で、関東美術学院でもその評価は高い。同じく美大志望の浪人生・船塚とは高校一年のときからの付き合いだったが、次第にぎくし... 関連ページ:中原 夏樹

関東美術学院に通う浪人生で、岡本桃寧の親しい友人。茶髪のショートヘアで、服装はボーイッシュなものを選ぶ。関東美術学院の講師・梅原に思いを寄せるが、受験が終わるまで気持ちを伝えることを避けようとしていた... 関連ページ:由芽

九州出身で関東美術学院に通うため上京。岡本桃寧とおなじ昼間の部のカリキュラムを受講するが、ペットショップでのバイトのためひとり夜に登校していたので、桃寧とは当初は面識もなかった。だがあるきっかけで桃寧... 関連ページ:松本 竣

SHARE
EC
Amazon
logo